旭区版 掲載号:2014年3月27日号
  • googleplus
  • LINE

認可保育園保留児童 1歳児が半数以上 占める 市、新規事業含め対応へ

 横浜市は18日、今年4月1日の認可保育所申し込み状況(3月10日時点)を公表したが、2次選考後定員超過で入所できない「保留児童」が2953人に上ることが分かった。その中で1歳児が半数以上を占めており、この年齢への対策が鍵になる。市は保護者に対し、従来通り横浜保育室などの活用を進めていくほか、新年度予算案で新規事業を計画。ニーズに応えようとしている。

 2次審査の結果後も入所が決まらない保留児童数は、昨年同時期よりも621人多い2953人になっている。そのうち1歳児が1686人となっており、半数以上を占めているのが現状だ。こども青少年局子育て支援部保育対策課も「1・2歳児、その中でも特に1歳児への対策が重要となってきている」と分析している。

 市では各区に配置している「保育コンシェルジュ」を活用しながら、保護者側に対して横浜保育室や家庭的保育事業などの活用を引き続き呼びかけていく考えだ。

新設園枠を拡充

 こうした現状の中、市では1・2歳児に絞った新たな取組みも進めている。入所希望者数が少ない新設認可保育所4・5歳児枠に、ニーズが多い低年齢児の受け入れ数を増やす新事業がその一つ。2014年度予算案で1億3230万円計上している。

 今年4月認可保育所に入所できなかった1歳児と2歳児で、一定の条件をクリアした保護者が対象。市は運営法人に対し助成金を交付し、利用者は月額基本料6万円を上限に支払うことになる。

 市では当初、待機児童対策により両年で約100の認可保育所を開設させることから、その3分の1程度にあたる35保育所の参加を見込んでいた。しかし「ハード面や人員面での確保が困難」との運営法人が多数あり、実際に事業実施するのは13保育所にとどまる(3月11日現在)。加えて受け入れ人数が1保育所2人〜10人程度になることや、そもそも定員枠外で受け入れること、空きスペースの確保の関係から14年度単年度事業となるなど、課題もある。

 同課では「認可保育所への入所を希望する保護者が多く、その声に少しでも応えたいとの思いから計画した。しかし、受け入れ人数も多くないことから一つのメニュー、受け皿と考えて頂きたい。今後も各区と綿密な連携を取り、地域ニーズを分析しながら的確な対策を取っていきたい」と話している。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

夏の全国大会へ

区内2高校

夏の全国大会へ

7月26日号

消防操法競う県大会へ

旭消防団第4分団

消防操法競う県大会へ

7月19日号

地図活用して地震に備え

星槎中学校

地図活用して地震に備え

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

未整備区域の意見を募集

横浜動物の森公園

未整備区域の意見を募集

7月12日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク