旭区版 掲載号:2014年3月27日号
  • googleplus
  • LINE

4月5日に開所する交流拠点を運営するNPO法人「オールさこんやま」理事長 林 重克さん 左近山在住 70歳

住みよいまちへ 舵をきる

 ○…「さぁ、いよいよこれからだ」。長年、構想していた福祉活動拠点の開所を間近に控え、自然と気持ちも前へ向かう。左近山ショッピングセンター内の空き店舗を活用した「ほっとさこんやま」は、子育てや高齢者支援を行うほか、カフェとしての役割も。「やっとここまでこぎつけることができた。これからは住民に育ててもらいたい」と愛情もひとしお。住民をつなぐ場所が、まもなく完成する。

 ○…左近山連合自治会の会長を9年務める。それ以前は事務局長として18年間、連合自治会を支えた。1960年代から開発が始まった左近山地区。まちは移り変わり、現在は3代目が育つ時代に。新しいまちが「ふるさと」となっていくのは喜ばしいが、同時に進むのが高齢化。「高齢者をどう支援できるか」―。ずっと頭の中で考えてきたものが、「交流拠点の開所」というかたちで具現化しようとしている。「今までたいしたこともできなかったけど、多くの支えもあって、やっとそれなりのことができたかな」と笑顔を見せる。

 ○…札幌出身で、大学進学を機に上京。卒業後は貿易関係の仕事に就き、輸出入品の鑑定・検査などに携わった。「スムーズに貿易を進める」という使命感のもと、職務に没頭。「仕事人間だった」というが、左近山に居を構えてからは自治会活動にも積極的に参加した。ソフトボールサークルにも所属していて、仲間にも恵まれた。ソフトボールは今も続けている趣味のうちのひとつだ。

 ○…「現役時代より忙しい」。旭防犯協会会長や旭警察署協議会会長など多くの役職をもち、連日会議などで予定はぎっしり。地域活動に勤(いそ)しむ所以(ゆえん)は、「何なんだろう、よくわからない」と、多くは語らない。左近山に住み、自然に地域に入り込み、今日まで「地域を良くしたい」という一心で進んできた。「住んでいてよかった」と自身が思えたまちの良さを、次世代に伝えていく。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版の人物風土記最新6件

市川 慎二さん

横浜旭ロータリークラブの会長に新しく就任した

市川 慎二さん

7月26日号

石田 隆さん

横浜市管工事協同組合の理事長に就任した

石田 隆さん

7月19日号

宮西 隆行さん

横浜旭ライオンズクラブの会長に就任した

宮西 隆行さん

7月12日号

山本 宗明さん

白根通り商店会の会長を務める

山本 宗明さん

7月5日号

水野 佐知香さん

横浜音楽文化協会会長に就任した

水野 佐知香さん

6月28日号

島袋 李奈さん

ジョイナステラス二俣川で初開催のミュージックライブに出演したシンガーソングライター

島袋 李奈さん

6月21日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク