旭区版 掲載号:2014年4月17日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 五輪準備組織を発足 全庁横断で対応策検討

 2020年に開催される東京五輪に向け、横浜市ではその準備組織を発足した。林文子市長をトップに、すべての局区長がメンバーとして参画。全庁一丸となって協力すると共に、五輪開催後も見据えた様々な取り組みを推進していく方針を打ち出している。

合宿地誘致も

 4月1日に発足したこの組織は「2020年オリンピック・パラリンピック東京大会 横浜市推進本部」。

 同本部には「開催準備」「文化芸術・観光・MICE・経済振興」「スポーツ振興」「まちづくり・交通アクセス」といった4つの部会が設置され、18人の区長を含む局長クラスの市職員がそれぞれメンバーに就任。各区や局の垣根を越え連携を強化しつつ、6年後の開催に向け「直前合宿地としての招致活動」や、海外観光客を意識した各種インフラ整備策などについて検討する予定となっている。

今年度予算2900万円

 またこうした動きに関連して、市は今年度「東京五輪に関連する事業費」として2900万円を計上している。内訳は「横浜市への交通アクセスや市内の周遊などを改善するための調査費用」(500万円)や、情報発信地としての基盤となる「インターネットの環境整備費」(500万円)など=上表。ハード面のみならず、大会開催時にアスリートとして旬を迎える市内の小・中学生などを対象とした「過去の五輪メダリストとの交流事業」や、身体障害者を対象とした「パラリンピックを目指す子ども達をサポートする費用」といったソフト面の拡充に関する費用も含まれている。

大会後に遺産を

 横浜市は、東京五輪の開催を「一過性のお祭り的なイベント」としてのみならず「より良い街づくりの契機」と位置付け「大会後も横浜にレガシー(遺産)を残すことが重要」(推進本部の事務局となる市民局の担当者)と説明する。

 その上で、林市長が東京五輪前の実現に向け意気込みをみせている市庁舎の移転や、文化体育館(中区)の建替え事業についても「『街づくり』という点で、緩やかに(各取り組みを)連動していけるのでは」と話している。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

夏の全国大会へ

区内2高校

夏の全国大会へ

7月26日号

消防操法競う県大会へ

旭消防団第4分団

消防操法競う県大会へ

7月19日号

地図活用して地震に備え

星槎中学校

地図活用して地震に備え

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

未整備区域の意見を募集

横浜動物の森公園

未整備区域の意見を募集

7月12日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク