旭区版 掲載号:2014年4月17日号
  • googleplus
  • LINE

聖マリアンナ病院 神奈川DMATに指定 災害医療体制の強化へ

社会

聖マリDMATのメンバー
聖マリDMATのメンバー
 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院(田口芳雄病院長)=矢指町=が3月27日付で神奈川DMAT(災害医療派遣チーム)に指定された。同院を含めた10病院が新たに指定されたことで、県内33すべての災害拠点病院がDMATを保有することになった。

 DMATとは災害発生から48時間以内の急性期に活動できる機動性を持った災害派遣医療チーム。専門的な訓練を受けた医師・看護師・調整員で編成される。災害現場でのトリアージや医療情報の収集・発信、県域を超えた広域医療搬送などを行い、医療救護体制の強化を図る。

 チームは県内で震度6弱以上の地震または、傷病者20人以上の発生が見込まれる災害時に知事の判断で出動。他の都道府県の災害に関しても、派遣要請があり知事が必要と判断した場合には派遣される。

 2011年に発生した東日本大震災を受け、12年3月に厚生労働省医政局長は通知を出し、災害拠点病院は今年3月までにDMATを保有することが義務化された。これにより、市内では13、県内では33の病院が神奈川DMAT指定病院となった。

2隊目も視野に

 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院では救命救急センターの桝井良裕センター長=写真中央=をリーダーに、医師の松森隆史さん、看護師の太田直美さん、小澤美津子さん、調整員の田中勇太さんの5人で編成。今後は国や地区が行う訓練などにも参加していく。

 東日本大震災時にも市の要請を受け、被災地へ赴いた桝井センター長は「災害時は患者の数と医療に必要な資源に差が出る。見極めが問われる」と話す。今後は組織として携わることで、より高い機動力が見込めるという。

 また、「地震などの災害に目が行きがちだが、傷病者が多い事故は日常でも起こり得る。DMATは重要なチーム」と話していた。同院では2隊目の編成も視野に入れているという。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

夏の全国大会へ

区内2高校

夏の全国大会へ

7月26日号

消防操法競う県大会へ

旭消防団第4分団

消防操法競う県大会へ

7月19日号

地図活用して地震に備え

星槎中学校

地図活用して地震に備え

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

未整備区域の意見を募集

横浜動物の森公園

未整備区域の意見を募集

7月12日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク