旭区版 掲載号:2014年4月24日号
  • googleplus
  • LINE

商店街の「生き字引」 食器の丸徳 森川和明さん

「丸徳」の店内で笑顔の森川さん
「丸徳」の店内で笑顔の森川さん
 「(一代目で)未だ現役でやってるのは自分と出嶋さん(大番)くらいかな」。と話すのは「食器の丸徳」の森川和明さん(78)。

 希望が丘で「丸徳」を開業したのは今から47年前、1967年のこと。以来約半世紀、常に店頭に立ちながら街の変化を見つめ、感じてきたという。

 丁稚奉公から独立するにあたり、鶴ヶ峰の不動産会社に紹介されたのが希望が丘。当時は分譲が始まったばかりで更地だったため、「本当にここで商売になるのかなと思った」と語る。開発が進み、住宅が増え「物を売る店」も増えていったという。しかし、「良かったのはバブルの時くらいまで」で、現在は多くが閉店している。「後継者がいないし、いても跡を継がない」と声のトーンが落ちる。

再び元気な商店街を

 「個人の力では限界がある。商店会とかみんなで協力してやらなければならない。何もしなければ、そのままだから」と、今も協力を惜しまない。「今の若い人たちは一生懸命やっている。手伝いができれば」と、お祭りでも、テーブルの貸し出しなどを行うという。

 商売の極意を「細く長く、コツコツとやること。じゃないと、どうしようもない」と話す。今も病院に行くのは歯医者くらいで、健康そのもの。「商売をやっているからこそっていう面はあるね」と笑顔が弾けた。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6件

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク