旭区版 掲載号:2014年5月22日号
  • googleplus
  • LINE

子育て支援拠点 若葉台商店街に開所 空き店舗活用 団地再生へ

社会

「気軽に寄ってもらいたい」とメンバー
「気軽に寄ってもらいたい」とメンバー
 若葉台団地商店街ショッピングタウンわかばに5月22日、「わかば親と子のひろば そらまめ」が開所した。運営を担うのはNPO法人若葉台(白岩正明理事長)。空き店舗を活用して、未就学児と保護者が気軽に集える場を目指し、団地再生に向けた街全体での取り組みとして期待される。

 「そらまめ」はショッピングタウンわかば内の「カメラのキタムラ」隣に開所。未就学児(0〜3歳)の親子が気軽に集まり、自由に過ごせる「ひろば」として活用する。また、子育てに関する相談を受け付けるほか、子育て情報の発信なども行っていく予定。若葉台に住んでいなくても利用が可能だ。

 利用できるのは平日の午前10時から午後3時。土日祝日は休館日となる。利用には1家族ごとに会員登録(年会費500円)が必要で、1回の利用ごとにお茶代などとして100円が必要となる。

地域一体で街づくり

 「そらまめ」は、運営するNPO法人若葉台のほか、若葉台子育てささえあい連絡会(三村治子会長)が運営協力、若葉台連合自治会(山岸弘樹会長)、神奈川県住宅供給公社(猪股篤雄理事長)・若葉台まちづくりセンター(常盤徹雄理事長)が支援。「若葉台」の街全体をあげて子育て支援に取り組む形だ。白岩理事長は「街づくり全体の中で、子育て支援に取り組んでいくその第一歩」と話す。

 背景にあるのは進む少子高齢化だ。1979年に分譲が始まった若葉台団地では現在、人口が1万5373人(2013年)と、ピーク時の2万683人(92年)から約5千人減少。高齢化率は35%を超える。

 白岩理事長は「子育て世代が若葉台を選んでくれるような、『循環型』の街を目指した取り組みのひとつ」と説明する。三村会長は少子化が進む中、子ども同士の触れ合いが減ることで、親の孤立も生まれることを指摘する。その上で、「常設の子育て支援拠点の必要性を強く感じていた。そらまめが自然発生的な交流の場になっていくようにしたい」と話した。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

夏の全国大会へ

区内2高校

夏の全国大会へ

7月26日号

消防操法競う県大会へ

旭消防団第4分団

消防操法競う県大会へ

7月19日号

地図活用して地震に備え

星槎中学校

地図活用して地震に備え

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

未整備区域の意見を募集

横浜動物の森公園

未整備区域の意見を募集

7月12日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク