旭区版 掲載号:2014年5月29日号
  • googleplus
  • LINE

「役に立ちたい」が源 録音朗読活動「なみの会」

文化

録音室に入る山本代表(左)と亀井副代表
録音室に入る山本代表(左)と亀井副代表
 視覚障害者のために録音テープ製作などの活動を30年以上続ける団体がある。録音朗読ボランティア「なみの会」(山本圭吾代表)だ。

 同会は「視覚障害者のお手伝いをしよう」と1981年に設立。旭区視覚障害者福祉協会の会員約40人に、新聞や雑誌のほか、生活に密着する内容を60分程度のテープにまとめた「情報ガイド」の製作などを主に行う。いわゆる「音訳」を行うボランティア団体だ。

 山本代表が活動を始めたのは「孫に読み聞かせをしてあげたい」と、旭区社会福祉協議会が開催した講座に参加したのがきっかけ。そこで同会の活動を知り、「役に立ちたいという気持ちから」参加するようになったという。

 現在は平均年齢約65歳のメンバー15人で活動する同会。20年以上活動を続けている亀井紀子副代表と山本代表は「やる方の高齢化が顕著。新しい人が入ってきても、介護の問題で続かないことも多い」と現状を語る。また「時代の変化とともに、使う方もやる方もテープから新しいやり方に変えていく必要性がある」と声を揃える。その上で、「今後は本の紹介もやっていきたい。そのためにも読み手の数を増やしたい」と山本代表は話した。活動の詳細は山本代表【携帯電話】090・6509・6929へ。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6件

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク