旭区版 掲載号:2014年7月31日号
  • googleplus
  • LINE

旭区熱中症搬送 梅雨明け6日で6人 旭消防署が注意喚起

社会

注意を呼びかける高坂署長右と河原予防課長
注意を呼びかける高坂署長右と河原予防課長
 梅雨が明け猛暑日など暑さが続く中、旭区内でも熱中症で救急搬送される人が増加している。旭消防署(高坂哲也署長)によると、旭区内の今シーズンの熱中症による救急搬送は20人(7月27日時点)。特に梅雨が明けた7月22日以降、6人と急増しており、旭署は引き続き注意を呼び掛けている。

 旭署によると、区内では6月2日に今シーズン初めて熱中症の救急搬送者が発生した。6月は4件だったが、7月半ばから増加。7月11日から15日には10人が搬送されている。重症者は1人で、16歳男性が自転車を運転中に発症した。

 救急搬送人数は昨年同時期の27人から20人に減少。旭署は「記録的な暑さだった昨年は搬送者が多かった。今後暑い日が続くにつれ搬送者が増えていく可能性がある」と推測する。

熱中症を防ぐには

 熱中症の救急搬送事例は年代ごとに異なる。10代は屋外での部活動、成人は夏も外で仕事をしている人が多いのだという。特に注意が必要なのが高齢者。今シーズン、高齢者の救急搬送は7人だが、半数以上は屋内での発生だ。旭署は「高齢者の方は若い人に比べて感覚が鈍くなり、汗もかきにくい。屋内でもクーラーや扇風機を使用し、すぐ手の届くところにスポーツドリンクなどを準備しておいてほしい」と注意を呼びかけた。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

夏の全国大会へ

区内2高校

夏の全国大会へ

7月26日号

消防操法競う県大会へ

旭消防団第4分団

消防操法競う県大会へ

7月19日号

地図活用して地震に備え

星槎中学校

地図活用して地震に備え

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

未整備区域の意見を募集

横浜動物の森公園

未整備区域の意見を募集

7月12日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク