旭区版 掲載号:2014年8月28日号
  • googleplus
  • LINE

ジャムを手作り 区内産のブルーベリーで

社会

完成したジャムを瓶詰めする参加者と二宮委員長(右)
完成したジャムを瓶詰めする参加者と二宮委員長(右)
 希望が丘地区センターで8月22日、旭区内産のブルーベリーを使ったジャム作り教室が初開催された。主催は横浜マニラ友好委員会(二宮登委員長)。

 ジャム作りには、二宮委員長が営む今川町の農園で収穫したブルーベリーを使用。約20人の参加者は慎重な手つきでブルーベリーを煮詰め、砂糖やレモンを加えてオリジナルのブルーベリージャムを完成させた。

 二宮委員長は「ジャム作りは今回が初めて。地元のブルーベリーでやるのは、市内でも非常に珍しいのでは」と話した。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6件

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク