旭区版 掲載号:2015年3月5日号
  • googleplus
  • LINE

2015年度旭区予算案 災害・子育て事業に重点 自主事業 1億300万円

社会

 旭区の2015年度予算案がこのほどまとまった。区が独自に取り組む自主企画事業費は1億391万5千円(前年度比2・4%増)。「災害対策」「子育て支援」などの37事業に取り組む予定だ。

 旭区が取り組む15年度の自主企画事業は、区政運営方針に掲げる【1】【安心ある暮らし】、【2】【健やかに年を重ねる】、【3】【ふるさとの魅力を育む】の3つの柱に重点をおいて実施される。

 【1】【安心ある暮らし】の重点政策「災害に強い区づくり事業」では、防災訓練事業費などのほか、新規事業として帷子川に設置されるウェブカメラの維持管理費などが上げられている。そのほか、14年度に引き続き行われる「市営ひかりが丘住宅支援事業」など全13事業が盛り込まれている。【2】【健やかに年を重ねる】は全6事業。重点事業として「保育所を活用した地域子育て応援事業」に取り組む。左近山保育園で12年度から実施されている臨床心理士の配置を、15年度はひかりが丘保育園でも行う。【3】【ふるさとの魅力を育む】は全18事業。新規の「あさひ魅力発見事業」を重点事業として取り組む。区内のおすすめの食べ物などを募集し、「あさひの逸品」に認定。10月の区民まつりで発表する予定だ。また、ウォーキングコースを回りやすくするため、観光スポットなどの案内板を整備する調査を行うほか、「農」の魅力をPRするための直売所マップの改訂なども計画されている。

 予算案は市会定例会での審議を経て、3月に議決される見込みだ。
 

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

夏の全国大会へ

区内2高校

夏の全国大会へ

7月26日号

消防操法競う県大会へ

旭消防団第4分団

消防操法競う県大会へ

7月19日号

地図活用して地震に備え

星槎中学校

地図活用して地震に備え

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

未整備区域の意見を募集

横浜動物の森公園

未整備区域の意見を募集

7月12日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク