旭区版 掲載号:2015年3月5日号
  • googleplus
  • LINE

設立20周年を迎えたNPO法人「木々の会」の理事長を務める 宇田 達夫さん 東京都在住 79歳

真剣勝負で心ぶつける

 ○…心を病む人たちと、50年にわたり関わってきた。それでも、「精神障害は簡単にわかるものではない。本当の苦しみはもっと深いところにある」と語る。精神障害者を支援するNPO法人「木々の会」では、3月21日に設立20周年記念講演会を開く。当日は、これまで精神を病む人たちと向き合ってきた当事者として、「障害の有無の壁を超えた人類を包む希望」について講演する。

 ○…同法人は旭区内の地域活動支援センター「むくどりの家」や「木楽舎」などを運営しており、精神障害者の生活を支える。自身も立ち上げ当時から活動に参加しており、昨年10月で20年を迎えた。病を抱えるメンバーの中には、話を理解してもらえず、イライラして怒声をあげる人もいる。「常に真剣勝負。薄っぺらい常識で向き合うのではなく、本気でぶつかっていく」。話すことで、悩みが解決するとは到底思っていない。すべては「人間として深まってほしい」。ただ、それだけだ。

 ○…川崎市多摩区の教会で牧師を務める。「人に教えるという行為自体好きではなく、牧師は嫌いなんです」と顔をしかめる。教会には、さまざまな背景を抱えた人たちが訪れる。1対1で向き合う瞬間は、まさに戦いで、常に挑戦を続けている。「嫌い」という牧師の仕事を続けるのは、「人が好きだから」という簡潔な理由。「人はあまりにも複雑で、謎めいている」。教会は、未知の出会いを生み出す場だ。

 ○…「ここにくるとほっとする。一生懸命に互いに向き合おうとするメンバーやスタッフが大好き」とにっこり。メンバーからも「先生」と慕われている。大好きな場であるが、最終的な願いとしては、この場が必要なくなること。以前、脳梗塞で倒れたことがあった。その時に、患者の悲しい気持ちは痛いほど経験した。だが、「精神を病む」ということは未だ謎に包まれている。心と心をぶつけ合う真剣勝負は、まだ続いていく。
 

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版の人物風土記最新6件

市川 慎二さん

横浜旭ロータリークラブの会長に新しく就任した

市川 慎二さん

7月26日号

石田 隆さん

横浜市管工事協同組合の理事長に就任した

石田 隆さん

7月19日号

宮西 隆行さん

横浜旭ライオンズクラブの会長に就任した

宮西 隆行さん

7月12日号

山本 宗明さん

白根通り商店会の会長を務める

山本 宗明さん

7月5日号

水野 佐知香さん

横浜音楽文化協会会長に就任した

水野 佐知香さん

6月28日号

島袋 李奈さん

ジョイナステラス二俣川で初開催のミュージックライブに出演したシンガーソングライター

島袋 李奈さん

6月21日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク