旭区版 掲載号:2015年3月26日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 女性再就職で相談窓口 出産・育児後をサポート

社会

 横浜市の男女共同参画推進協会は、結婚や出産などを理由に離職した女性の再就職を支援しようと、個別相談を受け付ける専用窓口を今月からオープンさせた。市が進める女性の活躍支援策の一つで、離職女性が抱える様々な不安に専門家がアドバイスを行う。

「働きたい」9割

 市が市内在住の女性932人を対象に昨年行った就業に関する意識調査では、出産・育児などを機に約7割の女性が仕事を離れている現状が明らかになった。うち、就業意欲のある人は92・6%と高い割合を占めたが、「すぐにでも働きたい・求職中」は9・8%、「現在抱えている不安や問題が解決されれば仕事に就きたい」が31・1%、「今すぐにではないが、いずれは働きたい」と考えている人が51・6%と、就労の意欲はあるが実際に行動できないでいる人の割合が高いことも明らかになった。

専門家が個別対応

 市はこの結果を受け、就労意欲のある人が抱える様々な悩みを共有し、行政が行う様々な就労支援に結び付けようと専用窓口「女性としごと応援デスク」を男女共同参画センター横浜北(横浜市あざみ野)に設置。キャリアコンサルタントの資格を持つ女性相談員3人が交替で個別相談を受け、アドバイスを行う。

 相談時間は約15分程だが、希望すれば予約制でさらにきめ細かい相談に対応するキャリアカウンセリング(40分)が受けられる。

 市民局男女共同参画推進課長の平沼英子さんは「調査で、家事との両立や様々な家庭の事情など多岐に渡り不安を感じられている人が多いことが分かった。そうした一つひとつの案件を把握し、解消へと結び付けていくことが女性の就労支援には必要だと感じている」と話している。

 女性の就労支援に詳しい関西学院大学ビジネススクールの大内章子准教授は「女性は悩みを内に抱えがち。まずは人に話すことで心の中を整理し、再就職に向け何が必要かを考えていくことが大切」と話す。

 市はこの窓口を女性の再就職支援の”玄関口”とし、就労意欲のある女性の再就職へと結び付けていきたい考え。今後はキャリア育成など、ほかの事業とも連携しながら、総合的な女性支援を行っていきたいとしている。
 

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

夏の全国大会へ

区内2高校

夏の全国大会へ

7月26日号

消防操法競う県大会へ

旭消防団第4分団

消防操法競う県大会へ

7月19日号

地図活用して地震に備え

星槎中学校

地図活用して地震に備え

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

未整備区域の意見を募集

横浜動物の森公園

未整備区域の意見を募集

7月12日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク