旭区版 掲載号:2016年5月5日号 エリアトップへ

子どもたちの輝く未来のために 民進党 横浜市会議員 こがゆ 康弘

掲載号:2016年5月5日号

  • LINE
  • hatena

 「保育園落ちた、日本死ね」の匿名ブログが波紋を広げました。今年の入園時期に、こうした切実な思いをまさに自らのこととして感じた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

 本市は他の自治体に先駆けて待機児童の解消に取り組み、2013年にはゼロを達成しました。しかし、保育所を増やせば増やすほどそのニーズは高まり、この4月には全市で7人へと逆戻りしてしまいました。幸い旭区は待機児童ゼロを維持しましたが、潜在的にはまだ多くの方が子どもを預けて復職を希望していると考えられます。

増やすだけではダメ

 社会環境の変化に伴い、保育ニーズは多様化しています。これまでのただ数を増やせばいいという考え方から、子どもを安心して預るための保育の質の確保が課題となっています。そのため、保育士の処遇改善や地域特性に応じた保育所整備が求められています。こうした中、私は先の予算特別委員会において、こども青少年局の質問に立ち、国家戦略特区制度を活用した都市公園内への保育所の整備促進を要望しました。

 この取り組みは用地確保が困難な都市部の待機児童対策において大変有効です。

子どもの貧困が深刻化

 一方、格差の拡大が子どもの生活に影響を及ぼしています。給食費が払えない、修学旅行に行けない、それ以前に家庭生活自体が成り立っていない。今の時代に想像できないかもしれませんが、こうした深刻な状況におかれた子どもたちがいます。何とか早期に手を打たなければなりません。また、今や多くの子どもが塾に通い、親の収入格差が子の学力に影響しているのが現状です。こうした貧困の連鎖を断ち切るためにも生活・学習支援や奨学金制度の拡充、児童虐待防止対策の強化が求められています。

夢や希望を持てるために

 待機児童の解消や貧困対策、教育格差の是正など、子どもを取り巻く課題は山積しています。しかし、将来を担う子どもたちが、夢や希望をもって地域やそして横浜市で暮らし、学んでいくために、政治がなすべきことは多くあります。

 私はこれからも横浜市政の中で子育てや、教育関連にもっと予算を充当するよう引き続き政策提言し、こうした課題解決に果敢に取り組んでまいります。

こがゆ康弘

横浜市旭区二俣川1-5

TEL:045-366-9381

http://www.kogayu.net/

旭区版の意見広告・議会報告最新6

「マスク飲食」の推進

県議会議員(副議長)いそもと桂太郎 県政レポート

「マスク飲食」の推進

4月29日号

将来を担う世代のために

県政コラム

将来を担う世代のために

神奈川県議会議員 おのでら慎一郎

4月29日号

身近な課題にもチャレンジ

市政報【20】

身近な課題にもチャレンジ

横浜市会議員 木内ひでかず

4月29日号

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

子ども達の、子ども達のために私たちができること

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

4月1日号

二俣川南口信号「時差式」に

県議会議員(副議長)いそもと桂太郎 県政レポート

二俣川南口信号「時差式」に

3月25日号

「安全」「円滑」な交通のために

県政コラム

「安全」「円滑」な交通のために

神奈川県議会議員 おのでら慎一郎

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter