旭区版 掲載号:2016年5月19日号 エリアトップへ

地域つながるきっかけに 若葉台中学校で地域交流

教育

掲載号:2016年5月19日号

  • LINE
  • hatena

 若葉台中学校(中村雅一校長)で5月14日、土曜授業参観日を兼ねた「地域交流日」が実施された。授業は2部制で、第1部が「戦争体験を語り継ぐ若葉の会」(片岡正会長)による平和学習、第2部は若葉台を拠点に活動するスポーツ団体、文化団体と同校生徒との地域交流体験が実施された。若葉台連合自治会(山岸弘樹会長)、NPO法人若葉台スポーツ文化クラブ協力(南宏市朗理事長)。

 平和学習では、若葉の会のメンバー9人が各教室で自らの戦争体験を話した。生徒らは壮絶な当時の話に聞き入っていた。講演終了後、片岡会長は「私たちの話を聞いた上で、世界の平和に貢献するにはどうすればいいかを考えて、行動に移してほしい」と語った。

 地域交流体験は、同校初の試み。「ソフトボール」「太極拳」「将棋」など11種の活動の中から、生徒が興味のあるものを体験した。

 若葉台を拠点に活動する和太鼓サークル「若葉太鼓」は生徒らに和太鼓の叩き方を指導。参加した生徒らは力いっぱい太鼓を叩き、1時間で1曲演奏できるまでになった。「1時間前は何もできなかったのに、素晴らしい」と同サークルの足立妙子さん。谷ちひろさん(3年)は「初めての経験だったが楽しかった。太鼓に興味が出た」と笑顔。

 今回の授業について中村校長は「地域の大人と子どもたちが顔の見える環境になり、将来的には福祉や防災といった地域の課題に積極的に取り組む人材に育ってほしい」と話した。

旭区版のローカルニュース最新6

23年夏に営業再開へ

本牧市民プール

23年夏に営業再開へ 社会

馬淵建設などが再整備

5月13日号

和太鼓で無病息災を祈念

和太鼓で無病息災を祈念 文化

打鼓音、旭公会堂で演奏

5月13日号

横浜から世界へ

市スポーツ協会

横浜から世界へ スポーツ

パラアスリートを支援

5月13日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

5月13日号

無料頒布会の物品募集

無料頒布会の物品募集 社会

二俣川地区社協など

5月13日号

財政広報をウェブ化

財政広報をウェブ化 社会

市、ペーパーレスの一環で

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter