旭区版 掲載号:2016年7月21日号 エリアトップへ

光回線トラブル376件増 消費センターが注意喚起

社会

掲載号:2016年7月21日号

  • LINE
  • hatena

 インターネットの光回線サービスに関するトラブルが市内でも多発している。横浜市消費生活総合センターによると、2015年度は光回線の相談が700件で、前年度から376件増加した。同センターでは契約内容を慎重に確認するよう注意喚起している。

 横浜市消費生活総合センター(【電話】045・845・6666)ではこのほど、15年度の消費生活相談概要を発表。全体では2万4345件と前年度比で773件増加した。内訳はデジタルコンテンツ(5441件)、不動産賃借(1106件)、工事・建築(952件)、インターネット接続回線(939件)と続いた。デジタルコンテンツは各年代においても一番多く、アダルトサイトや出会い系サイトなどの架空請求が目立つという。金子延康センター長は「身に覚えのない請求は無視して」と呼びかける。

説明不足の勧誘も

 インターネット接続回線は4番目に多いが、そのうち700件は光回線に関するトラブルで相談が急増している。光回線は光ファイバーを使用するインターネット接続回線で、通信速度の速さなどの理由で普及が進んでいる。サービス提供はNTT東西が行ってきたが、15年2月から光回線の卸売サービスを開始。これにより、新規参入を含む多くの事業者がさまざまな料金や契約方法で提供を始めた。一方で、事業者の説明不足による勧誘も多く、十分な理解がないまま契約してしまうといったケースも少なくない。同センターでも実際に、契約変更に伴う違約金や不必要なオプションなどをめぐる相談が多く寄せられている。同センターで相談業務を担う米津君恵さんは「光回線のサービス内容は複雑だが、自分がわかるまで十分に説明を聞いてほしい。その上で、本当に必要なサービスかどうかを考えて」と注意を促す。

 全国的に広がるトラブルを受け、総務省は5月21日施行の改正電気通信事業法令により初期契約解除制度を導入。これまで電気通信事業はクーリングオフが適用されなかったが、同制度により契約書面の受領日を初日とする8日間が経過するまでは利用者の都合で契約を解除できることになった。金子センター長は「書面交付も義務化されたので、しっかりと契約内容を確認してほしい」と話した。
 

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.kiuchi-hidekazu.com/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

ツシマヤマネコ 繁殖成功

ズーラシア

ツシマヤマネコ 繁殖成功 社会

人工授精で国内初

4月8日号

地元読者が「推し本」紹介

くまざわ書店二俣川店

地元読者が「推し本」紹介 文化

特設コーナーで26日まで

4月8日号

2年振りに春の開催

里山ガーデン

2年振りに春の開催 文化

一方通行など感染対策

4月1日号

市が補助制度拡充

感震ブレーカー

市が補助制度拡充 社会

対象地域、新たに6区

4月1日号

2人が県選抜メンバーに

万騎が原中ソフト部

2人が県選抜メンバーに スポーツ

27日から全日本大会

3月25日号

コロナ禍で初の式典

旭区花いっぱい事業

コロナ禍で初の式典 社会

22団体を表彰

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク