旭区版 掲載号:2016年9月22日号 エリアトップへ

横浜市新庁舎 32階建て、来年8月着工へ 2020年1月完成目指し

社会

掲載号:2016年9月22日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は14日、中区本町に移転する新庁舎の基本設計を発表した。新庁舎は地上32階地下2階建てで高さ155メートル、延床面積は14万700平方メートル。実施設計を進めた上で2017年8月に着工し、当初計画どおり20年1月の完成、6月末の供用開始を目指す。

 基本設計は新市庁舎整備基本計画をもとに、設計・施工を担う竹中・西松建設共同企業体(JV)の技術提案を踏まえて作られた。「従来型の公共工事は設計と施工を分けて発注するのが一般的だったが、新庁舎は一括発注の方式を採用した」と市総務局の担当者。工期短縮やコスト削減が見込めるだけでなく、設計段階から施工業者の独自技術や工法を反映できるメリットがあるという。

 基本設計は基本計画に沿って具体化されており、新庁舎は地下を駐車場(約400台分)とし、1階から3階までの低層フロアはコンビニやカフェなどの商業スペースに加え、新たに「市民協働スペース」として講演会やワークショップに活用できる空間を確保した。また3階から8階までの中層フロアは議会部分となり、8階から31階までを職員が働く行政部分としている。最上階の32階には電気室、機械室を配置した。

耐震・省エネを重視

 耐震性は国内最高ランクで、震度6強から震度7程度の大地震を受けても業務継続が可能なように免震構造と制振構造を組み合わせたハイブリッドな免震建築物となっている。

 屋上には大型ヘリポートを備えるほか、太陽光パネル約1千枚を設置することで、一般家庭約30世帯分に相当する年間10万kWhの発電を見込む。

 省エネの面ではさらに「高層階の窓は一般的に開閉できないことが多いが、JVの技術提案を受け、高層階でも外気を取り入れられる設計になっている」と市の担当者は説明する。これにより春・秋の空調負荷を減らすことが可能となり、機器の省エネ化とあわせて従来の高層ビルよりエネルギー削減50%以上を目指す。

旭区版のトップニュース最新6

環境アセス動画を公開

鶴ヶ峰駅付近連続立体交差事業

環境アセス動画を公開 社会

コロナ禍で説明会は中止

1月21日号

トンネル上部を有効利用

二俣川駅南口

トンネル上部を有効利用 社会

市、事業者を募集中

1月21日号

新たな拠点で活動推進

旭保護司会

新たな拠点で活動推進 社会

柏町にサポートセンター

1月14日号

3件増も少なめで推移

旭区内火災件数

3件増も少なめで推移 社会

原因最多は放火の11件

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

「安全安心の五輪やりきる」 政治

黒岩知事 インタビュー

1月7日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月7日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク