旭区版 掲載号:2017年2月16日号
  • googleplus
  • LINE

活動15周年を迎える読み聞かせグループ「ももいろタンポポ」の代表を務める 大高 智佐子さん 市沢町在住 77歳

「優しさ」心に絵本をめくる

 ○…左近山地域ケアプラザをはじめ、区内の保育園や高齢者施設などで絵本の読み聞かせを行う活動を、メンバーとともに15年間続けてきた。現在も月に10回程度、子どもたちの前で絵本の表紙を開く。活動を通じて子どもたちに伝えたいのは他人を思いやる「優しさ」だ。「小さい子どもたちが真剣なまなざしで、聞いてくれる姿を見ると、嬉しい」と活動のやりがいに笑みをこぼす。

 ○…孫がいないこともあり、幼い子どもが可愛くて仕方ない。彼らとのふれあいは、自身にとって大きなエネルギー源だ。「私、本当に子どもが好きで」と笑いながら振り返るのは、よくある電車内のこと。「目の前に赤ちゃんが座ったりすると、すぐに仲良くなっちゃうんです」。そんな小さな出会いのために、バッグの中には、常に折り紙などの遊び道具が入っている。「電車を降りるころには、赤ちゃんも自分も笑っていて。笑顔に力をいただいています」

 ○…「優しさを伝えたい」。活動の信念には、辛い過去の影がある。大阪で生まれた後、すぐ中国へ渡った。時は戦中。ある日、ソ連兵が家を襲い「銃口を突き付けられた」。家の中をめちゃくちゃに荒らされ、着の身着のまま引揚げ船で日本に戻ってくる際も、悲惨な光景は続いた。4歳の少女が体験した恐怖の記憶。「そういうことがあって、とにかく人には優しく、親切に、と気持ちの上では思うようにしています」。戦争で人の恐ろしさを味わったからこそ、その経験を憎しみではなく「優しさ」に変換し、周囲に微笑みかける。

 ○…30代の頃から旭区で暮らす。2人の子どもを育てながら、民生委員も12年務めた。その後、現在の読み聞かせグループに参加。ボランティアに汗を流し続けてきた。活動には「家族の協力が欠かせない」と話し「好き勝手なことをさせてもらってありがとうという気持ち」と感謝の言葉。優しさが詰まった人生の物語は、まだまだ”つづく”。

旭区版の人物風土記最新6件

中野 文雄さん

旭区老人クラブ連合会「かがやきクラブ旭」の会長を務める

中野 文雄さん

2月15日号

今城 竜也さん

本村神明社で3年目を迎えたキャンドルナイトを主催した

今城 竜也さん

2月8日号

齊藤 元希さん

車いす卓球の選手として国内外の大会で活躍する

齊藤 元希さん

2月1日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

1月25日号

大原 孝子さん

白根地区センターで韓国料理教室を開く「キムチの由季家」(上白根)の店主

大原 孝子さん

1月18日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月11日号

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大池公園でキャンプ

大池公園でキャンプ

参加者募集

3月17日~3月18日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク