旭区版 掲載号:2017年5月25日号
  • LINE
  • hatena

富士見丘学園中等教育学校 読書推進で文科大臣表彰 文豪パネル展など評価

文化

司書の榎戸さんと図書委員ら
司書の榎戸さんと図書委員ら
 横浜富士見丘学園中等教育学校(中沢/澁谷一郎校長)がこのほど、読書活動推進のため優れた取り組みを行っているとして、文部科学大臣表彰を受賞した。授業で積極的に図書室を使用するほか、パネル展など本に親しんでもらおうと行っているさまざまな取り組みが評価された。

 文部科学省では2002年度から読書活動を推進するために、特色ある優れた取り組みを行っている学校や図書館、団体を表彰している。17年度は優秀実践校として全国から134校、県内から同校を含め3校が受賞した。

「学ぶ読書・楽しむ読書を」

 同校では司書や図書委員が中心となり、中島敦など近代文学作家のパネル展の開催や、テーマに沿った図書展示、作家を招いての読書会など、さまざまな取り組みを実践している。

 図書室に変化が生まれたのは、司書の榎戸好美教諭が着任した2015年度。榎戸教諭は、「まずは本を手に取ってもらえるように」と書架の整理から始めた。「図書室は静かに勉強しなければいけない場所だけど、サロンのような交流の場にしたかった」と榎戸教諭。

 また、同校では総合学習や小論文作成においても図書室を積極的に使用している。教務部長の陶(とう)暁子教諭は「インターネットは調べものに関してタイムリーな情報を出してくれるけど、本は目的としていたもの以外の情報もあり、学習の幅が広がる」と話す。

 今年度も、秋の文化祭で夏目漱石のパネル展などを企画しており、読書活動推進の取り組みは続いている。榎戸教諭は「学ぶための読書も楽しむための読書もしてもらえるよう、今後も工夫していきたい」と話した。

 同校では定期的に学校開放する「ふじみ倶楽部」を開催しており、図書室も公開している。6月は17日(土)と24日(土)で、午後2時から4時。対象は小学生と女子中学生。

お住み替えはご相談下さい!

3月24日(日)まで「水回りクリーニングキャンペーン」実施中

https://www.rehouse.co.jp/store/futamatagawa/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

草木染めで地域に喜びを

市沢小4年1組

草木染めで地域に喜びを

2月21日号

診断までの時間長く

認知症

診断までの時間長く

2月21日号

街を歩いて健康促進

あさひまちウォーク

街を歩いて健康促進

2月14日号

国際的イベントに重点

横浜市予算案

国際的イベントに重点

2月14日号

優良協会として全国表彰

旭交通安全協会

優良協会として全国表彰

2月7日号

街の清掃に取り組み10年

希望ヶ丘小希望が丘商店会

街の清掃に取り組み10年

2月7日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

童謡を皆で歌おう

童謡を皆で歌おう

3月11日、サンハート

3月11日~3月11日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク