旭区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

旭警察署長に着任した 日下部 裕也 さん 本村町在勤 56歳

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena

選んだ道 笑顔で進む

 ○…「旭区全体の安心・安全を守るため、市民目線で仕事をしたい」と意気込む。「地域のいろいろな声を聞きたい」と区内各地で配った名刺は、1カ月で200枚を超えた。「街を守るためには地域の協力が絶対に必要。何か困ったことがあれば、教えてほしい」と呼びかける。前任地の三崎署に続き、2度目の署長職。地域と警察が一体となって防犯対策を行う、安心・安全なまちづくりを目指す。

 ○…実は、旭区は幼少期を過ごした思い出の街。鶴ヶ峯幼稚園に通い、鶴ヶ峯小学校は逆上がりを練習した場所だ。「着任早々、鶴ヶ峰駅で街頭キャンペーンをやったけど、街の変化に驚いた。昔は山と野原だったのに」と笑う。区内をめぐっていると、道路の狭さや交差点の改善など課題も見えてきた。50年ぶりに戻ってきた旭区。より一層、忘れられない街となりそうだ。

 ○…警察官だった父親の背中を見て育ち、自然と同じ道へ進んだ。そして長男も、父親の影響を受けてか同じ道へ。「違う道もあったんじゃないの、とも思うけど、うれしい。自分の選んだ道をしっかり進んでほしい」と父親の顔をのぞかせる。旭署は明るく若い署員が多く、「バイタリティがある。経験が足りない部分もあるかもしれないが、そこは経験を積んだ私たちで補っていきたい」と若手に期待を寄せる。仕事をする上で心がけることは「笑顔でいること」。仕事柄、辛く苦しいときもあるが、「大変なときこそ笑顔を大事にしたい」と語る。

 ○…両親が共働きだったため、小学2年生の時から料理をしてきた。今でも「趣味は料理」というほどで、落ち着いたら今後は手作り弁当を持参する予定だ。「『この食材で何を作ろう』と想像を働かせるのが楽しい」。署員にふるまうこともあり、餃子や麻婆豆腐は特に好評という。「『おいしい』って言ってもらえると、料理はもっと楽しくなるよね」とにっこり。あたたかな人柄がにじみ出た。
 

旭区版の人物風土記最新6

及川 伊東志さん

神奈川の名工と称される「神奈川県卓越技能者」に選ばれた和裁士で、県和服裁縫協同組合の理事長

及川 伊東志さん

白根在住 66歳

11月25日号

菅原 康太さん

左近山団地で住民対象の撮影会「左近山とわたし」を開催している写真家

菅原 康太さん

栄区在住 40歳

11月18日号

青木 保潔(やすゆき)さん

(公財)日本補助犬協会の理事で、盲導犬ユーザーでもある

青木 保潔(やすゆき)さん

矢指町在住 58歳

11月11日号

新川(にっかわ) 敬一さん

「かながわFARM21発表会」農業青年主張の部で県知事賞を受賞した

新川(にっかわ) 敬一さん

今宿南町在住 29歳

11月4日号

沼田 真一さん

「あさひブックデイ」を主催する旭区まちづくりポットの代表を務める

沼田 真一さん

鶴ヶ峰在住 43歳

10月28日号

岩崎 泉さん

「ようちえんカフェ&マルシェ」を主催する上白根幼稚園の園長

岩崎 泉さん

上白根在住 64歳

10月14日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook