旭区版 掲載号:2017年6月29日号
  • LINE
  • hatena

視覚障害者に安心を 相鉄が初の接遇研修

社会

 相模鉄道株式会社(滝澤秀之社長)は6月16日、視覚障害のある乗客への正しい対応を学ぶ研修を湘南台駅で行った=写真。同研修の開催は今回が初めて。近年、複数の鉄道路線で視覚障害者がホームなどに転落する事故が発生していることを受けて、乗客がより安全に鉄道を利用できる環境のために実施された。

 研修には、同社の駅係員や乗務員など約30人が参加。(公財)日本盲導犬協会神奈川訓練センターの職員が講師を務めた。

 実習では、参加者が2人1組になり、実際に駅構内などで案内や誘導方法を確認。ペアの片方がアイマスクを着用し、視覚障害を疑似体験した。参加者らは「下り階段が怖い」などの感想を口にしていた。

 自らも実習に参加した相鉄の滝澤社長は「駅構内には(障害者らのための)設備があるが、パートナーの肘を持つ方が安心だった。最終的に大切なのはコミュニケーション」としサービス向上に向けた研修の意義を語った。

旭区版のローカルニュース最新6件

お住み替えはご相談下さい!

3月24日(日)まで「水回りクリーニングキャンペーン」実施中

https://www.rehouse.co.jp/store/futamatagawa/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひょうたん作品がずらり

ひょうたん作品がずらり

3月14日から、入場無料

3月14日~3月17日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク