旭区版 掲載号:2017年6月29日号 エリアトップへ

横浜市 IoT活用に向け始動 社会的課題の解決めざす

社会

掲載号:2017年6月29日号

  • LINE
  • hatena
キックオフイベントの様子
キックオフイベントの様子

 横浜市は今年度から、「IoT(アイオーティー)」などの最新技術を活用して高齢化などの課題解決や新産業創出をめざす「IoTオープンイノベーション・パートナーズ」(通称I・TOP(アイトップ)横浜)を立ち上げた。6月20日にはパシフィコ横浜で同事業のキックオフイベントが行われた。

新産業創出をねらう

 「IoT」とは、パソコンや携帯電話だけでなく、自動車や家電、建物など様々なモノがインターネットに接続される仕組み。これにより社会や産業全体の大きな変革が期待されている。

 市が立ち上げた「I・TOP横浜」では、市内外の企業や大学と連携しながらIoTをはじめ人工知能、ドローンなどの新技術を活用し、「高齢化」や「生産年齢人口の減少」など様々な課題の解決に取り組む。

 すでに110の団体が参画を表明。6月20日のキックオフイベントには関係者650人が出席し、市経済局が事業概要を示した。

 また6月22日には(株)NTTドコモとand factоry(株)とともに、家にIoT技術を組み込むことで一人暮らし高齢者の見守りなど居住者の生活をサポートする「未来の家プロジェクト」を開始することも発表している。

 IoTの導入は、製造業などの現場における人手不足にも有効とも考えられていることから、今後も企業に限らず広く参加団体を募り、新産業の創出を目指したいとしている。

ノウハウ不足が課題に

 一方でIoT導入には二の足を踏む企業も多い。同局が昨年9月、市内企業を対象に行ったアンケートによると、601社中「IoTを活用中(予定がある)」「関心がある」とした企業が75%。しかし導入に意欲的な企業の過半数が「専門性のある人材の不足」「ノウハウ不足」といった課題を抱えていることがわかった。これを受けて同局は今後、大学などと連携し、IoTに対応する人材育成の講座を実施していく。

 経済局の林琢己局長は「横浜市は文明開化以来、新進気鋭の精神が根付いていると思う。市内の様々な団体とともに技術革新を生み出し、持続可能な社会が作れるよう挑戦していきたい」と意気込みを話した。

旭区版のトップニュース最新6

コロナ関連も注意

振り込め詐欺

コロナ関連も注意 社会

対策へ区が補助金も

5月28日号

市、早期給付へ体制強化

特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 経済

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

読書推進で文科大臣表彰

若葉台特別支援学校

読書推進で文科大臣表彰 教育

特色ある取り組み評価

5月21日号

医療と経済に重点配分

補正予算

医療と経済に重点配分 政治

林市長、コロナ対策語る

5月21日号

コロナ禍の医療現場 支援

旭RC

コロナ禍の医療現場 支援 社会

医師会にFS(フェイスシールド)を寄贈

5月14日号

市内外国人への支援拡充

横浜市

市内外国人への支援拡充 社会

パシフィコに日本語拠点

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク