旭区版 掲載号:2017年7月20日号
  • LINE
  • hatena

18区最強の「神」は 小説『横浜大戦争』

文化

『横浜大戦争』の著者・蜂須賀さん
『横浜大戦争』の著者・蜂須賀さん

 横浜市内18区それぞれが「土地神」にキャラクター化され、横浜の「中心」を巡り、争いを繰り広げる『横浜大戦争』(文藝春秋)が話題を集めている。

発売直後に増刷

 『横浜大戦争』は、保土ケ谷区出身の作家・蜂須賀敬明さん=今号人物風土記で紹介=が執筆。蜂須賀さんは、昨年デビューしたばかり。第1作目『待ってよ』は松本清張賞を受賞。同作は、受賞後第1作となる。

 初版6千部で6月15日に発売されると、4日後には増刷。横浜市内、神奈川県内の書店から「売りたい」という声が多数寄せられた。

 出版元によると、受賞後第1作は注目されにくい傾向がある中で、発売直後から増刷がかかり話題を集めることは「奇跡」という。

地域特性生かす

 物語の見どころは、各区を司り、十人十色の個性と職業、必殺技を持った18人の「土地神」たち。蜂須賀さん自身が市内を自転車で巡って調べ感じた地域の歴史や特性をもとに一人ひとり作られた。

 例えば旭の神は区内によこはま動物園ズーラシアがあることから、職業は「動物園職員」。動物と感覚を共有することができる特技を持った設定となっている。また、分区した歴史のある青葉と都筑は、分区元である緑と港北とともに家族として描かれるなど、各区の成り立ちを踏まえ血縁関係まで設定されている。

 神々がナンバーワンを巡り戦うストーリーは、地元愛の強いハマっ子の気質に影響を受けたという。「横浜市民は『おらが村』という意識があったり、いい意味で見栄っ張り。でもその気質が横浜を大きくしてきたと思う」

地元知るきっかけに

 執筆の原動力となったのは「小説を書くことで横浜を知りたい」という思い。出身地ながら、中学・高校は都心の学校へ通学していたこともあり、地元を知るきっかけがなかった。

 近年のご当地キャラブームも作品のヒントになった。「自治体が有名なイラストレーターに頼んだだけのキャラクターで、本当に地元色が出ているのか疑問だった。自分なら綿密に地域のことを調べてキャラクターを作りたいと思っていた」

 特に本を手に取ってもらいたいのは子どもたち。「区の歴史の本を読むより楽しんでもらえるはず。横浜を知るきっかけになれば」。360頁、1800円。

旭区版のローカルニュース最新6件

お住み替えはご相談下さい!

3月24日(日)まで「水回りクリーニングキャンペーン」実施中

https://www.rehouse.co.jp/store/futamatagawa/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひょうたん作品がずらり

ひょうたん作品がずらり

3月14日から、入場無料

3月14日~3月17日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク