旭区版 掲載号:2017年7月27日号
  • LINE
  • hatena

DeNA ハマスタで園児の大会を 「野球離れ」歯止めに一手

スポーツ

BTボールの指導をする三浦大輔さん
BTボールの指導をする三浦大輔さん
 株式会社横浜DeNAベイスターズ(岡村信悟代表取締役社長)は20日、野球競技人口の裾野拡大を目指して未就学児や小学校低学年の子どもたちを対象とする新プロジェクトを発表した。新競技「BTボール」の普及を図り、今年9月には園児対象の大会を横浜スタジアムで開催する。

 同球団は昨シーズン、約194万人という過去最多の年間観客動員数を記録し、今年はそれを上回るペースで動員数を伸ばしている。その一方で、小中学生の野球競技人口は全国的に減少傾向で、10年前と比べて小学生で約6万人減、中学生で約11万人減という状況がある。

 岡村社長は「球場で観戦するという文化が広がってきたが、このままではせっかく根付いたこの文化が廃れていってしまう」と今回のプロジェクトの背景に危機感があることを明かす。

「BTボール」普及へ

 今回発表した野球振興プロジェクト「やきゅうみらいアクション」では、小学校などで導入されている「ティーボール」を未就学児向けにアレンジした「BTボール」の普及を図るという。幼年期から野球の基本動作でもある「投げる」「打つ」「捕る」ことの楽しさにふれてもらうのが狙いだ。

 BTボールは通常のティーボールよりもルールを簡素化し、得点しやすくしてあるのが特徴で、誰でも楽しめるよう工夫されている。ルール作成には球団のスペシャルアドバイザー・三浦大輔さんも関わり、「昔と違い、気軽にキャッチボールができる場所も少なくなっている。BTボールで、道具を大事にする気持ちや、仲間を応援する姿勢も楽しみながら身につけてもらえたら」と思いを語る。

 プロジェクトでは今後、幼稚園、保育園を対象に普及を進めて行き、9月にはBTボールの大会として「DB.スターマンカップ2017」を横浜スタジアムで開催する予定。保育園、幼稚園単位でのチーム(計80チーム)の参加を呼びかけている。

 岡村社長は「今回の取り組みがひいては野球界全体の発展につながれば」と期待を込めた。

旭区版のローカルニュース最新6件

バリアフリー情報ムック出版

1試合20得点の先へ

明かりのもとでライブ

鶴ヶ峰

明かりのもとでライブ

12月13日号

蔵を舞台に水彩画展

瀬谷区

蔵を舞台に水彩画展

12月13日号

歳末恒例の餅つき

歳末恒例の餅つき

12月13日号

ズーラシアのクリスマス

旭 区

ズーラシアのクリスマス

12月13日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク