旭区版 掲載号:2017年7月27日号
  • LINE
  • hatena

合言葉は”浮いて待て” 本宿小で着衣泳教室

教育

 本宿小学校(倉岡政美校長)で7月19日、旭消防署南本宿消防出張所(本田努所長)の協力による着衣泳教室が開催された。

 同校は防災教育の一環として、全学年児童を対象に着衣泳教室を行っている。水難事故から自らの命を守る力を身に付けてもらうのが狙い。

 講師を務めたのは、昨年まで同出張所の所長を務めた安西隆雄さん。旭消防団の女性団員も実演のモデルを務めた。

 指導内容は学年ごとに異なり、5年生は着衣をしたまま救助が来るのを待つ実習を行った=写真。安西さんは「水難事故にあったときの合言葉は、『浮いて待て』。救助が来るまで、口と鼻で呼吸ができる状態にして」と指導。児童らは感覚の違いに戸惑いつつも、浮き方を習得していた。男子児童は「服がすごく重くなって、泳ぐのは難しかった」と授業を振り返った。

 同校の井関玲教諭は「水着を着て泳ぐよりも動きづらいことをわかってもらえれば。パニックを起こさず、落ち着いて行動することが命を守る第一歩」と話した。

旭区版のローカルニュース最新6件

お住み替えはご相談下さい!

3月24日(日)まで「水回りクリーニングキャンペーン」実施中

https://www.rehouse.co.jp/store/futamatagawa/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひょうたん作品がずらり

ひょうたん作品がずらり

3月14日から、入場無料

3月14日~3月17日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク