旭区版 掲載号:2017年8月10日号 エリアトップへ

四季の森小 五輪出場者と児童が交流 水泳・伊藤華英さんが来校

スポーツ

掲載号:2017年8月10日号

  • LINE
  • hatena
伊藤さん(右)が見守る中で長縄に取り組む児童たち
伊藤さん(右)が見守る中で長縄に取り組む児童たち

 四季の森小学校(前田周子校長)で7月20日、五輪に出場した水泳選手・伊藤華英さんによる特別授業が行われた。

 横浜市では2020年の東京五輪・パラ五輪に向けて市内のスポーツ振興を図り大会への機運を高めるため、子どもたちが両大会出場経験者と直接触れ合う事業を展開している。この事業の一環として同校には北京五輪(2008年)、ロンドン五輪(12年)の2大会に出場した伊藤さんが来校。高学年児童に向けては「夢をもって努力することの大切さ」をテーマに講演し、中学年児童とはストレッチや長縄を通して交流した。

 チームに分かれて行われた長縄は、限られた時間の中でどれだけの回数が跳べるかを競った。伊藤さんのアドバイスを受けながら各チームが1回でも多く跳べるように、話し合いを交えながら真剣な様子で取り組んでいた。

 伊藤さんは五輪出場時の水泳日本チームを例に「多くの人がチームとして一つにまとまるのは大変だけど、一人ひとりが目標のために頑張ろうと思うことが大切。みんなもぜひ夢をもって頑張ってほしい」と呼び掛けていた。

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6

自宅の子どもたちに夢を

自宅の子どもたちに夢を スポーツ

マリノスユース出身者発案

7月2日号

本日から運行再開

本日から運行再開 社会

移動支えるおでかけワゴン

7月2日号

コロナ対策講じ、夏まつり

コロナ対策講じ、夏まつり 文化

3日・4日 ショッピングセンター

7月2日号

あいさつ通じて元気に

あいさつ通じて元気に 社会

大学生が通学路で実施

7月2日号

再生事業の自立化目指す

再生事業の自立化目指す 社会

専門家を公募

7月2日号

散歩マップをつくろう

散歩マップをつくろう 文化

アトリエが企画

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク