旭区版 掲載号:2017年8月17日号 エリアトップへ

都岡特別救助隊 全国2連覇目指す ロープブリッジ救出で

社会

掲載号:2017年8月17日号

  • LINE
  • hatena
抜群のチームワークで全国に臨む
抜群のチームワークで全国に臨む

 旭消防署都岡消防出張所(石坂孝所長)の都岡特別救助隊2係が、7月に開かれた第46回消防救助技術関東地区指導会のロープブリッジ救出の種目で全国大会出場を決めた。同隊は昨年、全国トップの成績を収めており、2年連続で「日本一」の座を狙う。

 ロープブリッジ救出は、4人1組で行う種目。ロープ(20m)を渡って対面する塔上のポイントへ到達し、そこから要救助者を救出ロープに吊り下げ、けん引して救出する。28チーム中9チームが全国に進むが、同隊は2位通過を果たした。山崎浩司隊長は「2年連続で全国に行くケースは少ないが、何としても全国に出場したいという思いで臨んだ。いい結果が出て一安心している」と話す。

 全国大会では順位が付けられず、減点がなかったチームはすべて入賞となる。同隊は昨年、全国から出場した28チームの中から最速タイムを記録。実質、「全国1位」に輝いた。関東大会でも他県から注目を集め、北海道や大阪府のチームが見学に訪れたという。山崎隊長は「プレッシャーには感じるが、2連覇を狙えるチームはうちだけ。貪欲に日本一を目指したい」と意気込む。

緊張感を力に発揮

 出場隊員は宮下亮さん、藤本良太さん、平郡健太さん、落合伸明さんの4人。キャプテンを務めた宮下さんは「関東大会では最初にミスがあったが、後半から4人が一つになってチームワークを取り戻せた。今年も連覇を目指したい」と力強く語る。隊員らは多い日で1日150回の訓練をこなし、練習に励んでいる。練習量の多さから、本番の緊張感を力に変えることができているという。

 石坂所長は「もともと実力のあるチーム。貴重な経験なので、この機会を逃さず2連覇を目指してほしい」とエールを送った。

 全国大会は宮城県で8月23日に開催。

旭区版のトップニュース最新6

コロナ関連も注意

振り込め詐欺

コロナ関連も注意 社会

対策へ区が補助金も

5月28日号

市、早期給付へ体制強化

特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 経済

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

読書推進で文科大臣表彰

若葉台特別支援学校

読書推進で文科大臣表彰 教育

特色ある取り組み評価

5月21日号

医療と経済に重点配分

補正予算

医療と経済に重点配分 政治

林市長、コロナ対策語る

5月21日号

コロナ禍の医療現場 支援

旭RC

コロナ禍の医療現場 支援 社会

医師会にFS(フェイスシールド)を寄贈

5月14日号

市内外国人への支援拡充

横浜市

市内外国人への支援拡充 社会

パシフィコに日本語拠点

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク