旭区版 掲載号:2017年10月19日号 エリアトップへ

区内各地で地域向けのコンサートを開催する 伊原 鉄朗さん さちが丘在住 34歳

掲載号:2017年10月19日号

  • LINE
  • hatena

地域に広がる音楽の輪

 ○…南区から旭区さちが丘に移り住み、自宅でギター教室を開いて1年半。「音楽で地域を元気にしたい」と旭区内でさまざまなコンサートを企画する。10月28日には教室初となる発表会を開催。「ステージ初経験の方にはまず慣れてもらい、経験者には刺激を感じてもらいたい」と当日を心待ちにする。発表会のほかにも、コンサートのスケジュールはびっしり。この1年半の活動が実を結んだ結果だ。

 ○…2016年にはドイツでの「第7回国際J.S.バッハギターコンクール」で優勝した実力を持つギタリスト。その一方で、地域に根ざした活動にも力を入れる。「当初は今の状況は想像つかなかった。人とのつながりのおかげでここまで広がった」と振り返る。越してきたころは、知り合いもいない状態。そんな中、妻の空弥(くみ)さんが子連れで行けるカフェを探していたところ、南希望が丘のカフェ「ハートフル・ポート」に行きついた。同店をきっかけに、いろんな交流が生まれていった。

 ○…初めてギターに触れたのは、高校1年生の時。ロックバンドに憧れ、エレキギターを手にした。しかし、音楽経験はなく、さらに不器用ということもあり簡単には弾けなかったという。「弾けないことが悔しくて。もっとうまくやりたいという気持ちが原動力となった」。その熱意は冷めることなく、ギターの道に進むことを決意。専門学校に進学し、めきめきと頭角を現していった。専門学校講師や海外での演奏活動の経験を経て、昨年独立した。

 ○…妻の空弥さんもギター講師で、公私ともに支えてくれるパートナー。「女性目線、母親目線でアドバイスしてくれるので助かる」と感謝の言葉を口にする。今も新たに地域参加型の音楽フェスティバルを企画中。「音楽をやる人を増やしたい。始めるのに年齢は関係なくて、やりたいときが始めるとき。そのためのお手伝いができれば」と飛び切りの笑顔を見せた。
 

旭区版の人物風土記最新6

新井 鷗子さん

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

4月30日号

宮下 遥奈さん

9代目「横浜スカーフ親善大使」に選ばれた

宮下 遥奈さん

四季美台在住 20歳

4月23日号

高橋 久美子さん

日本産アロマ研究家として、市内外で活動する

高橋 久美子さん

市沢町在住 48歳

4月16日号

竹内 一樹さん

劇団四季『マンマ・ミーア!』横浜公演にスカイ役で出演予定の

竹内 一樹さん

横浜市在住 劇団四季俳優

4月9日号

池田 航さん

今シーズンから横浜F・マリノスのトップチームに昇格した

池田 航さん

横須賀市出身 18歳

4月2日号

池谷 直樹さん

川井本町に稽古場を構え、地域向けのパフォーマンスや体操教室を行う

池谷 直樹さん

川井本町在勤 46歳

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク