旭区版 掲載号:2017年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

みなまきが大きな本屋に 一箱古本市を初開催

文化

さまざまな本が並んだ
さまざまな本が並んだ
 段ボール箱一つ分の古本を販売する「一箱古本市」。南万騎が原駅前のみなまきみんなの広場で11月23日、「みなまき一箱古本市」が初開催された。主催はみなまきラボ運営委員会。

 一箱古本市は2005年に東京都の谷中・根津・千駄木で開催された不忍(しのばず)ブックストリートで始まり、現在では全国的に広がりを見せている。

 当日は朝からあいにくの雨模様。午前中は商業施設の軒先で店が開かれたが、午後からは晴れたため当初の予定どおり広場で開催された。今回は23店が出店し、広場には多種多様な”本屋”が並んだ。訪れた客と本の話で盛り上がる姿も多く見られた。

 保土ケ谷区から店主として参加した市川紀子さんは「お客さんと本の話で盛り上がれるし、ほかの方の店を見るのも楽しい。またあったら参加したい」と楽しんでいた。主催者の勝邦義さんは「天気に不安もあったが大勢の方が来てくれて嬉しい。ここで生まれたつながりが何かの活動に生きてくれれば」と話した。

旭区版のローカルニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大池公園でキャンプ

大池公園でキャンプ

参加者募集

3月17日~3月18日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク