旭区版 掲載号:2018年2月1日号
  • LINE
  • hatena

文化財を地域で守る 上川井町の長源寺で訓練

社会

消防隊による一斉放水
消防隊による一斉放水

 「文化財防火デー」である1月26日、長源寺(上川井町)で消防訓練が実施された。

 「文化財防火デー」は、奈良県の法隆寺金堂壁画が焼損したことを契機に1955年に制定。毎年この日を中心に各地で文化財を守るために訓練が行われている。横浜市指定有形文化財の「木造大日如来坐像」を所有する同寺では、本堂から出火した想定で訓練が実施された。寺院関係者や旭消防署、旭消防団第四分団第二班が参加。寺院関係者が消火器による初期消火から119番通報を行い、その後消防団と消防隊が文化財の搬出や消火までの流れを確認した。

 訓練を終えて同寺の新居寳壽(ほうじゅ)さんは「毎年訓練をしてもらい感謝している。機敏に動いていただき、いざという時にも安心できると感じた」と話した。

旭区版のローカルニュース最新6件

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク