旭区版 掲載号:2018年2月15日号
  • LINE
  • hatena

旭区老人クラブ連合会「かがやきクラブ旭」の会長を務める 中野 文雄さん 鶴ヶ峰在住 78歳

作るのは居場所と生きがい

 ○…高齢者の健康づくりや安心して暮らすための支え合い、地域での奉仕活動などに取り組む旭区老人クラブ連合会(区老連)「かがやきクラブ旭」。会員数は横浜市内18区で唯一1万人を超える。そのトップとして大所帯をまとめ、毎月さまざまな活動を展開。大人数がゆえに会場確保などでの苦労も多いというが、「参加した人たちが喜んでくれることが何より嬉しい」とはにかむ。

 ○…鶴見区出身で、25年ほど前に旭区へ。現役時代は家電メーカーの営業統括として全国を飛び回るなど仕事に明け暮れた。「定年後には趣味をやろう」と思っていたところ、友人の誘いから区老連に参加。入会後は鶴ヶ峰地区の支部長を務めるなど積極的に活動し、区老連の会長は今年で4年目を迎えた。会長になって以来、皆で歌う「うたごえ広場」や映画会、カラオケ大会など新たなイベントを開始。「かつては孤立死が多く、悲しく感じていた。高齢者が気軽に顔を出せる居場所があれば、孤立する人を減らせるのでは」。理事たちと知恵を出し合いながら、多くの人が参加できる催しを企画している。

 ○…ゴルフに絵、旅行、読書と多趣味だが、今では市老人クラブ連合会の理事も務めることから趣味の時間はなかなか取れないという。それでも絵と旅行はまとめて楽しむことができるため「暇があったら、妻と湯河原とか近場へ旅行して、ゆっくりしながら風景を描きたい」と明かす。

 ○…居場所づくりに加え、会員が「地域のために役立っている」と感じられる生きがいづくりも目的の一つ。すでに会では年に1度の公園清掃といった社会奉仕に取り組んでいるが、さらなる活動展開も見据える。「老人会のおかげで、町が良くなったと思われるようなことを増やしていきたい。それが会員たちの励みにもなる」。多くの人々が集える居場所と生きがいを作るため、これからも知恵をしぼっていく。

旭区版の人物風土記最新6件

畠中 槙之輔さん

横浜F・マリノスに所属し、3月にサッカー日本代表に初選出された

畠中 槙之輔さん

4月11日号

佐藤 修さん

3月13日付で旭警察署の署長に就任した

佐藤 修さん

4月4日号

佐々木 由佳さん

2月16日付で、女性として初の県宅建協会第9代事務局長に就任した

佐々木 由佳さん

3月28日号

TOMORUFUさん(本名 古本貴美子)

消しゴムはんこ作家として、「どんぐりマルシェ」に出店する

TOMORUFUさん(本名 古本貴美子)

3月21日号

清水 康弘さん

横浜旭ジャズまつり特別編成ビッグバンドを監修・指導するトランペット奏者

清水 康弘さん

3月14日号

安彦(あびこ) 考真(たかまさ)さん

Jリーグ史上最年長デビューをめざし、今季YSCC横浜に新加入した

安彦(あびこ) 考真(たかまさ)さん

3月7日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク