旭区版

2018年2月の記事一覧

  • 気持ちを一つにジャンプ

    気持ちを一つにジャンプ スポーツ

    旭区大なわとび大会

     第15回旭区大なわとび大会が1月20日、旭スポーツセンター(川島町)で開催された=写真・旭区役所提供。主催は旭区大なわとび大会実行委員会(大野功委員長)。...(続きを読む)

  • 大雪で区内にも影響

    大雪で区内にも影響 社会

    バイパス通行止めや事故も

     関東各地で4年ぶりの大雪となった1月22日、旭区内にもさまざまな影響が及んだ。区内を通る保土ヶ谷バイパスは24時間にわたって通行止めとなり、国道16号線では大...(続きを読む)

  • 救命講習会に参加を

    法人会

    救命講習会に参加を 社会

    災害・事故の対応法指導

     地域の経営者などが集い、社会の健全な発展などのために様々な活動を行っている公益社団法人・保土ケ谷法人会(河原隆子会長)が、「普通救命講習会」を3月7...(続きを読む)

  • 雪残る園内を疾走

    雪残る園内を疾走 スポーツ

    旭ズーラシア駅伝

     旭区の冬の恒例イベント「第48回旭区駅伝競走大会(旭ズーラシア駅伝2018)」が1月27日、よこはま動物園ズーラシア(上白根町)で開催された=写真。旭区駅伝競...(続きを読む)

  • 新監督迎え新たな船出

    横浜F・マリノス

    新監督迎え新たな船出 スポーツ

    二俣川出身、和田選手が復帰

     昨シーズンにクラブ創設25周年を迎えた横浜F・マリノスは新体制発表会を1月14日、日産グローバル本社日産ギャラリーで開催。会場とパブリックビューイング合わせて...(続きを読む)

  • 齊藤 元希さん

    車いす卓球の選手として国内外の大会で活躍する

    齊藤 元希さん

    横浜隼人高校1年

    世界を舞台に「攻める」 ○…車いす卓球の国内最高峰とされる昨年11月の「国際クラス別パラ卓球選手権大会」のクラス4で準優勝...(続きを読む)

  • 「総量維持」に重点

    次期緑の保全計画

    「総量維持」に重点 社会

    市が素案公表

     横浜市はこのほど、「横浜みどり税」の使途となっている「横浜みどりアップ計画」の期間終了を控え、新たに「これからの緑の取組(素案)」を公表した。緑地保全制度の指...(続きを読む)

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク