旭区版 掲載号:2018年3月1日号
  • googleplus
  • LINE

生徒が赤ちゃんと交流 南希中で「生教育」

教育

 南希望が丘中学校(長澤康之校長)で2月19日、命の重みを感じてもらう「生教育」が行われた。

 これは同校で3年生を対象に毎年実施している特別授業。今年は誕生学アドバイザー・青木千景さんの講演と、地域の赤ちゃんとの交流会、妊婦体験などが行われた。

 交流会には31組の親子が参加。生徒たちは母親たちと会話をしたり、赤ちゃんを抱いたりして親子と交流した=写真。泣き出す赤ちゃんに戸惑う姿もあったが、生徒らは「かわいい」と笑顔を見せ交流を楽しんでいた。「赤ちゃんは意外と重くて、毎日接している親はすごいと思った」と相川拳誠君。7カ月の息子・健真君と参加した三富真紀さんは「積極的にコミュニケーションをとろうとしてくれて、安心して交流できた」と話した。

7/5家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6件

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク