旭区版 掲載号:2018年3月8日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

横浜市 若者の「ひきこもり」相談窓口知って 専門機関などでサポート

 横浜市内には「ひきこもり」状態にある若者(15歳〜39歳)が、約8千人いると推計(平成24年度調べ)。ひきこもりは「部屋から出られない」「家族となら外出できる」「夜間に近所のコンビニは出かけられる」など人により状態は様々だ。

 横浜市では現在、「青少年相談センター」「地域ユースプラザ」「地域若者サポートステーション」「よこはま型若者自立塾」をはじめとする専門機関などで、若者を支援。ひきこもりの相談支援や居場所の提供、講座、社会体験・就労支援など、回復に向けて一人ひとりの状態にあわせたサポートを行っている。

区役所でも専門相談

 昨年からひきこもり等の困難を抱える若者の「専門相談窓口」を身近な区役所にも設置(月2日各3回)。1回50分の個別対応で、地域ユースプラザの専門相談員が出張相談(予約制)により対応してくれる。

 「ひきこもりは誰にでも起こりうることで、特別なことではありません。一人で悩みを抱え込まず、まずは相談窓口を利用してもらえたら。お気軽にお電話ください」と市の担当者。

 相談は無料。対象は市内在住の概ね15歳〜39歳の若者。本人や家族、地域の人からの相談も受け付けている。秘密厳守。左記まで気軽に問い合わせを。

 相談の予約受付は、旭区こども家庭支援課【電話】045・954・6160。

横浜市こども青少年局青少年育成課

横浜市中区港町1丁目1(横浜市役所)

TEL:045-671-2325

http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/ikusei/jiritsushien/

旭区版のピックアップ(PR)最新6件

年内最後の「スマホデビュー」

地域に根差す総合建設会社

キタザワ建設通信【12】

地域に根差す総合建設会社

12月13日号

鉄則は”3社以上の相見積もり”

申請締め切り迫る

ブロック塀等改善工事補助金 横浜市

申請締め切り迫る

12月13日号

低価格で心込めた葬儀を

家族葬のティアーズメモリー

低価格で心込めた葬儀を

12月13日号

腰痛専門の治療院

潰れている人も、切らなきゃ無理といわれた人も

腰痛専門の治療院

12月13日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク