旭区版 掲載号:2018年3月8日号
  • LINE
  • hatena

横浜富士見丘学園 3年連続全国に クエストカップで企業探究

教育

全国に出場したメンバー
全国に出場したメンバー
 全国の小中高生がプレゼンテーションを競い合う「クエストカップ2018」(主催/同実行委員会、教育と探求社)の全国大会が2月24日に立教大学で行われ、横浜富士見丘学園中等教育学校(澁谷一郎校長)の4年1組の生徒4人が出場した。同校の全国出場は、今回で3年連続。

 クエストカップは実在の企業や社会、先人を題材に「答えのない課題」に取り組み、解決策をプレゼンする大会。今年は全国150校から約2万人が参加した。

 同校の4年生は授業時間を用いて、同カップに参加する6企業それぞれが出す課題を探究するコースに半年間取り組んできた。その中から牧野美月さん、齋藤瞳さん、小野里桃(りと)さん、池野彩純(あすみ)さんによる「1組Panasonic」チームが「これからの家族の幸せを作り出す新商品を提案せよ」という課題に挑戦。各企業10チームに与えられる優秀賞を受賞し、今回の全国大会に出場した。

東京五輪も見据え

 同チームは「家族の幸せ」という目的から、「家」や「旅行」を連想。同社が航空機器の製造で強みを持つ事実を知り、2年後の東京オリンピックも見据えたインバウンド向けの機器を提案した。同機器は外国人旅行者が母国語で現地情報を調べられるもので、空港のターンテーブルに設置することや、スマホと連動できるアプリにもなることが特徴。

 「社員の方から航空機器に着目したことに驚かれた」とメンバーの牧野さん=写真左。全国での入賞は逃してしまったが、「各企業には、さまざまな強みがあることを学べた」と話していた。

旭区版のローカルニュース最新6件

バリアフリー情報ムック出版

1試合20得点の先へ

明かりのもとでライブ

鶴ヶ峰

明かりのもとでライブ

12月13日号

蔵を舞台に水彩画展

瀬谷区

蔵を舞台に水彩画展

12月13日号

歳末恒例の餅つき

歳末恒例の餅つき

12月13日号

ズーラシアのクリスマス

旭 区

ズーラシアのクリスマス

12月13日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク