旭区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

左近山 バイクで移動を支援 民間企業が無償貸与

社会

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena
バイクルを前にする林理事長(右)と川瀬部長
バイクルを前にする林理事長(右)と川瀬部長

 左近山で福祉活動拠点「ほっとさこんやま」を運営するNPO法人「オールさこんやま」(林重克理事長)へこのほど、電動バイク「バイクル」が無償貸与された。

 これは旭区とバイクル株式会社(中区・望月宣武代表)が昨年8月に締結した「左近山団地における大学生による地域支援活動事業への協力に係る連携協定書」の一環。協定は団地再生を目的に締結されたもので、まちづくりなどを学ぶ横浜国立大学の学生が左近山団地に居住しながら地域活動に参加することでコミュニティの活性化などを目指す。

 今回は同社のバイクル1台を無償貸与。大学生を含む地域住民らに貸し出して移動支援を行うほか、ガソリンを使用しないバイクルで環境を意識したライフスタイルの普及に取り組む。期間は2018年度末までで、その後は随時更新を検討していくという。

 貸し出しは4月以降の開始を予定。希望者は「ほっとさこんやま」で申し込む。同社営業本部の川瀬侑加部長は「山坂が多い左近山で活用してもらい、地域活性化にも貢献できれば」とコメント。林理事長は「スピードもそこまで出ずに安全。まずは試乗してもらい、高齢者の外出機会増加につながるといい」と話した。

旭区版のローカルニュース最新6

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

父の日にメッセージを

海のいきものSOS展

海のいきものSOS展 社会

ズーラシア、8月30日まで

6月10日号

50周年記念で風船飛ばし

笹野台小学校

50周年記念で風船飛ばし 教育

環境に配慮した素材用い

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

SDGsの小論文募集

SDGsの小論文募集 社会

25歳以下の若者が対象

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter