旭区版 掲載号:2018年3月22日号 エリアトップへ

東希望が丘ミニバス女子 8年ぶりに全国出場 県代表として目標の舞台へ

スポーツ

掲載号:2018年3月22日号

  • LINE
  • hatena
目標としてきた全国へ臨む女子メンバーと指導者たち
目標としてきた全国へ臨む女子メンバーと指導者たち

 東希望が丘ミニバスケットボール部女子が、3月28日(水)から群馬県で開催される「第49回全国ミニバスケットボール大会」に出場する。同チームの全国大会出場は8年ぶり6回目。これまでの集大成として、目標としてきた全国の舞台に臨む。

 主に東希望が丘小、希望ヶ丘小、笹野台小、中尾小、善部小などの子どもたちが所属する同チーム。男女とも過去に全国大会出場経験がある強豪で、女子は昨秋行われた神奈川県の秋季大会でも優勝していた。

 県秋季大会優勝により、年明け1月に行われた全国大会の県予選では横浜地区予選を免除された。その県予選では初戦から順調に勝ち進み、決勝では榎が丘(青葉区)を34対33の僅差で下して優勝。秋季に続いて神奈川の頂点に立ち、8年ぶりの全国大会出場を決めた。キャプテンの小西愛さんは「最後まで皆で乗り切って逃げ切ることができた」と振り返る。

優勝制から交歓制へ

 全国各地の代表48チームが参加する全国大会は、今回から競技方法が変更される。前回までは男女各4ブロックに分かれてブロックごとに優勝を競っていたが、今回からは優勝チームを決めない交歓大会として実施。変更によって参加する全チームが、それぞれ3試合を経験することができるようになる。

 同チームは過去のブロック優勝制時には準優勝を経験。今年度のチームは関東や全国出場を目標に掲げ、ともに目標を達成してきた。全国へ向けて「勝つことも大事だけど、皆で力を合わせて楽しんで試合をしたい」と小西さん。佐々木淳一監督は「目標としてきた場に立つことができる。自分たちの練習の成果を出し切りたい」と話している。

 大会は28日から30日(金)にかけて群馬県の高崎アリーナで開催。同チームは28日に長野県、29日に静岡県、30日に岩手県の各代表チームと対戦する。

旭区版のトップニュース最新6

コロナ関連も注意

振り込め詐欺

コロナ関連も注意 社会

対策へ区が補助金も

5月28日号

市、早期給付へ体制強化

特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 経済

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

読書推進で文科大臣表彰

若葉台特別支援学校

読書推進で文科大臣表彰 教育

特色ある取り組み評価

5月21日号

医療と経済に重点配分

補正予算

医療と経済に重点配分 政治

林市長、コロナ対策語る

5月21日号

コロナ禍の医療現場 支援

旭RC

コロナ禍の医療現場 支援 社会

医師会にFS(フェイスシールド)を寄贈

5月14日号

市内外国人への支援拡充

横浜市

市内外国人への支援拡充 社会

パシフィコに日本語拠点

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク