旭区版 掲載号:2018年4月5日号
  • LINE
  • hatena

旭警察署の署長に着任した 市川 弘幸さん 本村町在勤 55歳

環境整え、犯罪のない街に

 ○…前任地は神奈川県警察本部人身安全対策課でストーカーや虐待対策などに尽力。3月19日付で旭警察署の署長に着任した。署長職は2014年から2年間務めた逗子署以来、2カ所目となる。「皆さんが笑顔で過ごせるように、課を超えてオール旭で取り組んでいきたい」と語気を強める。

 ○…「どうせやるなら人に喜ばれることを仕事にしよう」と高校卒業後に警察官を志した。警察学校卒業後は、県内各地や県警本部などで長年「防犯」分野で職務に励んできた。生活安全対策室在任時の03年には、警察官として全国で初めて「総合防犯設備士」の資格を取得。当時は県内の刑法犯認知件数が年間約19万件と現在の約4倍に上り、資格を生かしてマンションの管理組合や建設業者に防犯設備の設置場所などを指導して回った。「どんな犯罪でも、環境による影響は大きい。見通しをよくしたり、きれいに清掃するだけでも抑止につながる」

 ○…長野県出身。昔からスポーツ好きで、高校では野球に熱中。警察学校卒業後は、働きながらプロボクサーを目指した時期もあった。「具志堅用高さんの必死さに憧れて」と明かす。愛犬家の一面もあり、自宅に帰った時は一緒に過ごすことが一番の楽しみ。「今はあまり会えないことが残念。もう11歳だから、毎日心配しているよ」と親心をのぞかせる。

 ○…20年以上前に鶴ヶ峰交番での勤務経験もあり、久々の旭区は「駅周辺はにぎやかになったけど、少し道を入ると昔の面影も」。今後は区内をくまなく回り、経験を生かして犯罪や事故が起きない環境づくりを進めていくという。「犯人を捕まえることはもちろんだけど、まずは犯罪を起こさせないことが大切」。環境を整え、未来に引き継いでいく。

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の人物風土記最新6件

小川名 慎吾さん

旭区発の芋焼酎の原料であるサツマイモを生産する農家の一人

小川名 慎吾さん

12月6日号

河野 航大さん

星槎全国生徒会の会長を務める

河野 航大さん

11月29日号

富岡 宏さん

「横浜旗士道」の代表として各地で活躍する

富岡 宏さん

11月22日号

天野 純さん

横浜F・マリノスで中心選手として活躍する

天野 純さん

11月15日号

小澤 一久さん

ヘアカット・アレンジメント講習会で講師を務めた

小澤 一久さん

11月8日号

齊藤 由紀子さん

旭区保健活動推進員会の会長を務める

齊藤 由紀子さん

11月1日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク