旭区版 掲載号:2018年4月5日号
  • LINE
  • hatena

ソフトボール 中学男子のクラブ誕生へ 県内初 横浜と小田原に2チーム

スポーツ

「一緒にやろうよ」と押久保さん
「一緒にやろうよ」と押久保さん
 このほど中学生男子を対象にしたソフトボールのクラブチームが県内で初めて誕生した。横浜市を拠点とする「K―横浜クラブ」と小田原市を拠点にする「K―小田原クラブ」の2チームだ。4月1日始動の両チームの代表を務めるのは、泉区に住む押久保義矢さん(29)。「神奈川でソフトボールを根付かせたい」と普及に奔走している。「K―横浜クラブ」、「K―小田原クラブ」はそれぞれの市内に住む小学校6年生の11月から中学3年生までの男子が対象。平日夕方や休日などを使って練習を行う予定だという。

 県内には、小学生のクラブチームや社会人チームなどは多数存在するが、中学生男子を対象にしたクラブチームはこれまでなかった。部活動を行う中学校もわずか1校のみだ。

 社会人チーム「横浜Vertex」で監督を務め、指導も行っている押久保さんは「小学生で親しんだソフトボールをもっと広めたい」とチーム立ち上げを思い立った。しかし、「指導者が不足しチームができない」と、横浜では自身がコーチを務め、小田原クラブは小田原東高校でソフトボール部の顧問を務める鈴木利夫教諭に依頼。今後は横浜市や小田原市のソフトボール協会とも練習場所や指導者確保などで連携を深めていく方針だという。

 県内に2チーム誕生しても試合や公式大会などの予定がないなど、チーム強化には課題もあるが、高校生と練習試合を組むなど、周囲の協力を呼びかけている。押久保さんは「県内の高校に依頼してサポート体制を整えている。いずれは県代表として全国大会で戦えるくらいソフトボールの文化を根付かせていきたい」と力強い。クラブチーム誕生にあたり、県ソフトボール協会は、「両方のチームを育てて、県内でソフトボールを盛り上げていけるよう、協会としても応援していきたい」と話している。

旭区版のローカルニュース最新6件

「ラグビーW杯を楽しもう」

特別インタビュー

「ラグビーW杯を楽しもう」

1月17日号

防災・防火への決意新たに

「飛躍」への1年に

市民楽団による演奏会

馬づくしの5日間

入場無料

馬づくしの5日間

1月17日号

元気な一年祈り

上の原幼稚園

元気な一年祈り

1月17日号

1/20家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

桂きもの学院/きもの和五十鈴

1月12日(土)・13日(日)・15日(火)、「無料体験&説明会」

http://jtti.jp/katura/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク