旭区版 掲載号:2018年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市内ひきこもり 中高年も該当、浮き彫りに 推計1万2000人

社会

 横浜市は、昨年初めて実施した40〜64歳を対象とした「市民生活実態調査」の集計結果をこのほど発表し、ひきこもり状態にある市民が推計1万2000人いることが分かった。市は今後、内閣府調査なども分析し、対策を検討する考えだ。

 ひきこもりとは、ほとんど家から出ない状態が6カ月以上経過し、病気や介護・育児を理由にしない人を指す。今回市が40〜64歳を対象に調査を実施した背景には、近年ひきこもりの長期化や高齢化に対する社会的関心が高まっていることがあった。調査の結果、同年代約131万1000人中、約1万2000人が引きこもり状態にあることが推計され、高年齢化が浮き彫りとなった形。これに対し市の担当者は「これまで若者の問題とされてきたが、中高年も該当することが分かった」と話し、主な要因を「企業の雇用形態の変化や、仕事のスピードが求められるようになったことなど様々なことが考えられる」とした。主な項目ではひきこもり状態になったきっかけで最も多かったのが「人間関係がうまくいかなかった」。また、ひきこもりになってからの期間を「10年以上〜20年未満」と回答した人が最多だった。

 中高年の支援については、各区役所に高齢・障害支援、生活困窮者自立支援、就労準備支援などの相談窓口を設置しているが、今回の調査の結果を受け、市担当者は「統計を取れたことに意味がある」とした上で、「内閣府実施調査の結果などを考慮し、市としてのどのような対策ができるのかを検討したい」と話している。

「子ども・若者」前回比増

 一方で、15〜39歳を対象とした「横浜市子ども・若者実態調査」を2012年度以来2度目の実施。ここでは前回調査のから約7000人増の約1万5000人がひきこもりと推計する結果となった。普段自宅でしていることについての問いでは、今回新たに加わった「スマートフォン」が79・1%と、前回もっとも多かった「テレビを見る」を上回った。

 これまで市は「横浜市子ども・若者支援協議会」らと連携しながら様々な支援を実施してきた。また、昨年には全区役所に無料の専門相談窓口を設置したほか、今年度は各区でセミナーや相談会を実施予定。市では「引き続き支援体制を整えていきたい」としている。

旭区版のトップニュース最新6件

消防操法競う県大会へ

旭消防団第4分団

消防操法競う県大会へ

7月19日号

地図活用して地震に備え

星槎中学校

地図活用して地震に備え

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

未整備区域の意見を募集

横浜動物の森公園

未整備区域の意見を募集

7月12日号

街への気持ち歌に

希望が丘音楽家有志

街への気持ち歌に

7月5日号

新聞販売店が見守りで協力

二俣川ニュータウン地区

新聞販売店が見守りで協力

7月5日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カブトムシ触れ合い体験

カブトムシ触れ合い体験

二俣川ライフで21〜23日

7月21日~7月22日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク