旭区版 掲載号:2018年5月17日号
  • LINE
  • hatena

若葉台 連携して持続可能なまちへ 団地再生一環で3者協定

社会

協定書を手にする森本理事長、猪股理事長、下田区長(左から)
協定書を手にする森本理事長、猪股理事長、下田区長(左から)

 「旭区大規模団地再生モデル構築事業」の一環として4月27日、神奈川県住宅供給公社(猪股篤雄理事長)、一般財団法人若葉台まちづくりセンター(森本敏昭理事長)、横浜市の3者が連携協定を締結した。大規模団地のある若葉台で3者が連携した取り組みを進めることで、持続可能なまちの実現を図る。

 同公社によって開発された若葉台団地。入居開始から約40年が経過して世代交代の時期に差し掛かり、今後は急激な人口減少や少子高齢化の進行が予想されている。

 そうした状況を踏まえて若葉台地区では、次世代に選ばれるまちを目指した取り組みが行われている。2016年2月から若葉台連合自治会や同公社、同センターなどの関係者らが集まってまちづくりを考える委員会を組織。住民たちが主体となって約1年間討議を重ねた結果、17年3月に「横浜若葉台みらいづくりプラン」が策定された。同年12月には取り組みを具体化するための推進会議も立ち上げられた。

課題解決のモデルに

 今回、3者が結んだのは同プランの推進に関する事業連携協定。協定期間は2020年3月31日までの約2年で、同プランの推進や市内の大規模団地再生の推進を目的に3者で連携する。今後、地域住民主体の取り組み支援、地域の魅力発信、地域経済活性化の検討といった具体的な取り組みに着手していく。

 下田康晴旭区長は「若葉台で取り組もうとしていることは、旭区や横浜市が直面している課題解決のモデルになる。3者連携で取り組みを進め、一つの象徴的なモデルを開花させたい」と話した。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

電話で区民に寄り添い20年

旭ふれあいコール

電話で区民に寄り添い20年

5月16日号

全校で当日注文可能に

ハマ弁

全校で当日注文可能に

5月16日号

令和元年、旭区は50周年

緑豊かで快適な住宅都市へ

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ

4月25日号

帷子川 旧河川が緑道に

今宿西町

帷子川 旧河川が緑道に

4月25日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ネイチャーウィーク

旭 区

ネイチャーウィーク

こども自然公園で明日から

5月17日~5月19日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク