旭区版 掲載号:2018年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

古本市が大盛況 希望が丘で初開催

文化

 希望が丘商店街の中央通り(そうてつローゼン斜め前の路上)を会場に6月3日、古本市「だれでも本屋さん」が開催された=写真。同実行委員会主催・希望が丘商店会共催。

 全国的に街の小さな書店が撤退する中、希望が丘でも数年前に書店がなくなった。同企画は「書店がなくなってしまった街で、本を通じた交流をしたい」という思いから開催。10人の出店者が思い思いの本を持ち寄り、本の販売を通して訪れた人たちと交流を深めた。実行委員長の青井純子さんは「初めての企画でしたが、多くの人たちに足を運んでもらうことができました。出店者と来場者が本を通して会話ができ、とても楽しめました。早速、次回、出店したいという声もありました」と話した。

 同実行委員会では、引き続き古本市の開催を検討中。次回は10月に予定されている。

7/5家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6件

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク