旭区版 掲載号:2018年6月14日号
  • LINE
  • はてぶ

横浜市 介護ロボ導入を支援 新事業で職員の負担減へ

社会

「スマートスーツ」を着用する職員(=芙蓉苑)
「スマートスーツ」を着用する職員(=芙蓉苑)
 横浜市は介護従事者の負担軽減を目的に、施設への介護ロボット(注)の導入を推進する。今年度は新たに、従来からの課題である人材不足にも対応しようと、高齢者を雇用した施設には機器の導入費用を助成するとしており、現場を支援する体制づくりを進めている。

◇◇◇◇◇

 市は介護ロボット導入により、人手が不足しがちな夜間帯の巡回頻度を減らすなど、効率化を図ることが職員の負担軽減につながると想定。また、団塊世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年、市内では約1万人の介護従事者が不足すると見込まれており、新事業は人材確保に向けた取り組みとも言える。

 同事業では、ロボットを導入する市内の施設に対し、上限90万円を補助。条件として、市は「60歳以上の高齢者を3人以上、3カ月以上雇用した場合」と規定しており、シニア層の社会参加を促しながら、雇用につなげたい考え。同様の助成事業は各自治体でも見られるが、高齢者雇用の条件付けは横浜市独自。市健康福祉局は「高齢者を対象とすることで、介護人材の裾野を広げることを狙った」と説明する。

 対象ロボットは見守り支援、排泄支援、介護業務支援のいずれかの場面で使用されるものと定められている。

普及に「期待」

 港南区の特別養護老人ホーム「芙蓉苑」では、神奈川県の事業の一環で6年前から介護ロボットを導入。現在9種類の機器を活用している。ベッド周りの事故を防ぐ「みまもりシステム」や、身体の負荷を減らす着用型の「スマートスーツ」など、実際に使用している職員からも好評だという。

 同施設の小林央(あきら)施設長は「介護ロボットはツールの一つと捉えている。通常業務に加えることで、より質の高いサービスを提供できる」と話す。一方で価格等の課題に触れ、「様々な事業所で手軽に導入できることが理想。今回の市の取り組みで前向きに検討する施設もあるのでは」と理解を示し、介護ロボット普及に期待する姿勢を見せた。

-*-*-*-

注・見守りや排泄支援など、要介護者を補助し、介護従事者の負担を減らすために開発された福祉機器の総称

10/20家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

七五三のご祈祷受付

七五三のご祈祷は歴史ある白根神社で

045-951-1417

平成31年度入園 園児募集中!

めぐみ幼児園 旭区中希望が丘72-2 TEL.045-391-6038

http://kibogaoka-cpc.jp/megumi/

おかげさまで50周年

希望が丘で気軽に呑める店「立ち呑み 鳥正」

045-391-1258

法律の悩みありませんか?

不動産登記、債務整理、破産手続、相続・遺言書作成 ご相談ください

http://shiho-kanai-office.jimdo.com/

アマンデン洋菓子店は創業45年

常時、40種類の生菓子、焼き菓子が揃っています!

http://www.amanden.com

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6件

収集車に生徒の絵

資源循環局旭事務所×フェリス大美術部

収集車に生徒の絵

10月11日号

ママの起業 育む街に

球根植え付け体験

ジョイナステラス

球根植え付け体験

10月11日号

ムビラの演奏会

ムビラの演奏会

10月11日号

子ども支援を考える

万葉集を歌で届ける

介護付有料老人ホーム オープン

横浜市旭区に11月1日に「花珠の家あさひ」がオープン。見学会を開催。

https://hanadama-kaigo.jala.co.jp

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク