旭区版 掲載号:2018年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

万騎中ソフト部 全日中大会で初全国へ 少人数チームで努力実らせ

スポーツ

少数精鋭で結束力を強めた同部
少数精鋭で結束力を強めた同部
 万騎が原中学校ソフトボール部(顧問/森木直行監督・足立成広コーチ)が、今月行われた「第18回全日本中学生女子ソフトボール大会」の神奈川県予選を制覇し、全日本大会出場を決めた。14人という少人数のチームながら、地道に重ねてきた努力が実を結んだ形だ。

 通称「全日中」と呼ばれる同大会はクラブチームも参加ができる特色ある大会として、2001年に創設。各都道府県別予選会での優勝チームが、毎年大阪市で開催される全日本大会への出場権を獲得できる。

 神奈川県予選は6月2日と3日、9日の3日間に綾瀬市で開催され、21の中学校とクラブチームが参加。同校は5戦を勝ち抜き、初めて同大会で全国への切符を手に入れた。

 12年には、同大会とは別の「全国中学校ソフトボール大会」に県代表で初出場した同校。その後は毎年関東大会までのぼり詰めるものの、全国出場は果たせずにいた。

 同大会では優勝を狙って臨み、安定したプレーで順調に勝ち進んだ。決勝戦で対戦した大和市立つきみ野中学校には、自らのミスで初回から3点を先制されたものの、慌てずに冷静なメンタルを維持。徐々に巻き返し、相手のミスもチャンスにして、6対3で勝利した。

保護者の協力と経験値が勝因に

 保護者による送迎などの協力も得て、週末は練習試合などで地方遠征も重ねてきた同校。森木監督は「経験値を上げるため、あえて他県の強いチームとも対戦してきた。保護者の協力あってこそ」と語る。精神面を鍛えるため、東海大学3年生の横関美奈さんが、専門の外部コーチとして参加。今回の決勝戦について「気持ちの切り替えができ、踏ん張れた」と話す。

 部長の矢藤瑠璃花さん(2年)は「決勝には『絶対勝つ』という思いで臨んだ。全日本も一戦一戦、集中して頑張りたい」と意気込んでいた。全日本大会は8月11日(土)から13日(月)の3日間、大阪市で開催される予定。

旭区版のトップニュース最新6件

消防操法競う県大会へ

旭消防団第4分団

消防操法競う県大会へ

7月19日号

地図活用して地震に備え

星槎中学校

地図活用して地震に備え

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

未整備区域の意見を募集

横浜動物の森公園

未整備区域の意見を募集

7月12日号

街への気持ち歌に

希望が丘音楽家有志

街への気持ち歌に

7月5日号

新聞販売店が見守りで協力

二俣川ニュータウン地区

新聞販売店が見守りで協力

7月5日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カブトムシ触れ合い体験

カブトムシ触れ合い体験

二俣川ライフで21〜23日

7月21日~7月22日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク