旭区版 掲載号:2018年7月12日号
  • LINE
  • hatena

横浜旭ライオンズクラブの会長に就任した 宮西 隆行さん 保土ケ谷区在住 50歳

地域へ感謝と恩返しを

 ○…今年11月に設立50周年を迎える横浜旭ライオンズクラブ。区内の小・中学校での薬物乱用防止教室や献血活動など、区内各地で奉仕活動を展開する。入会から12年目となる今年度、会長に就任した。「大役だが、成長させてもらったクラブや地域への感謝、恩返しのために取り組んでいきたい」。節目の年のスタートに意気込む。

 ○…勤務先の先輩が会員だったことから、ライオンズクラブの活動を知った。その先輩に旭ライオンズを紹介され、11年前に入会。「旭区とはそれまで縁が無く知っている人はいなかったけど、クラブはいい雰囲気ですぐに溶け込めた」と振り返る。クラブの魅力について奉仕活動に加えて「さまざまな業種の人が集まることで自己成長につながると思った」。自身も30代で入会したが、旭ライオンズには現在も30代から90代まで幅広い世代・職種のメンバーが所属し、活発に活動している。

 ○…港北区出身。旅行業界で企画営業に関わっていたが、28歳で保険業へ転身。ソニー生命保険株式会社で20年近く営業に携わり、この春からは支社長となって事業所を任される。40人以上の社員をまとめる立場として、重視していることは「対話」。「コミュニケーションを大切にし、相手の考えを聞いた上で、皆で同じ目標に向かっていく。これは仕事でもクラブでも同じ」と語り、仕事でも先頭に立つ。

 ○…今年度は「旭区とともに50年 これからも地域に感謝 社会に奉仕」がクラブのテーマ。これまでの活動を続けることはもちろん、活動の拠点である旭区へ感謝を伝える1年となる。「活動できる地域があるから、クラブも50年続くことができた。感謝を込めて、奉仕を続けたい」。会員とともに奉仕を続け、新たな50年への一歩を踏み出す。

旭区版の人物風土記最新6件

田中 朋子さん

バリアフリー情報マガジン「enjoy ist。かながわ」の制作委員会代表を務めた

田中 朋子さん

12月13日号

小川名 慎吾さん

旭区発の芋焼酎の原料であるサツマイモを生産する農家の一人

小川名 慎吾さん

12月6日号

河野 航大さん

星槎全国生徒会の会長を務める

河野 航大さん

11月29日号

富岡 宏さん

「横浜旗士道」の代表として各地で活躍する

富岡 宏さん

11月22日号

天野 純さん

横浜F・マリノスで中心選手として活躍する

天野 純さん

11月15日号

小澤 一久さん

ヘアカット・アレンジメント講習会で講師を務めた

小澤 一久さん

11月8日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク