旭区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

旭消防団第4分団 消防操法競う県大会へ 区から出場は12年ぶり

社会

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena
各自の仕事後、自主練習に励む出場選手ら
各自の仕事後、自主練習に励む出場選手ら

 旭消防団第4分団(櫻井毅分団長)が7月25日(水)、第51回神奈川県消防操法大会に横浜市代表として出場する。旭区の代表が県大会に出場するのは12年ぶり。

 仕事や学業、家事をしながら災害発生時に現場に駆け付け、消火活動を行う消防団員。旭区内では、5つの分団が活動している。

 消防団員の士気高揚や消防技術の向上を目的とした大会は毎年行われており、旭区では5つの分団が持ち回りで市大会に出場している。第4分団は昨年10月に行われた同大会で優勝し、県大会への出場権を手にした。県大会は今月25日、神奈川県総合防災センター(厚木市)で行われる。

優勝目指し日々自主練

 県大会に出場する選手は、井上浩二さん・山本哲児さん・金澤貢さん・吉田光宏さん・遠山忠司さん・山下善俊さんの6人。現在、県大会に向け、週2回の程ヶ谷カントリー倶楽部駐車場での本格的な練習を含め、各自の仕事が終わった夜に集まり毎日練習に励んでいる。山本さんは「毎日練習を重ねています。選手以外の団員の協力もあり、とても良い雰囲気です。県大会も優勝を目指し、一致団結して頑張ります」と意気込みを語った。

旭区版のトップニュース最新6

区内施設、段階的に再開

新型コロナ

区内施設、段階的に再開 社会

宣言解除受け始動

6月4日号

CF(クラウドファンディング)で飲食店を応援

コロナ関連も注意

振り込め詐欺

コロナ関連も注意 社会

対策へ区が補助金も

5月28日号

市、早期給付へ体制強化

特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 経済

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

読書推進で文科大臣表彰

若葉台特別支援学校

読書推進で文科大臣表彰 教育

特色ある取り組み評価

5月21日号

医療と経済に重点配分

補正予算

医療と経済に重点配分 政治

林市長、コロナ対策語る

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク