旭区版 掲載号:2018年8月30日号
  • LINE
  • hatena

指導する団体を一堂に集めた合唱コンサートを開く 越智 里奈さん さちが丘在住 37歳

指導の10年舞台で表現

 ○…区内のケアプラザや地区センターで、ボイストレーニング講座の講師を務める。指導を始めてから10年の節目に、各講座の受講者が出演するコンサートを初めて企画。「全部のクラスを集めて合同のコンサートを開きたい」という4年前に抱いた夢が、今回実現する。「私にとって大事なコンサート。とても楽しみ」とはにかみ、当日を心待ちにしている。

 ○…実家は金が谷にあり、家族の影響で3歳からピアノ習い始めた。八ッ橋幼稚園で鼓笛隊、笹野台小で合唱部、希望が丘中で吹奏楽部に所属し、音楽とともに育った。地域での活動は、音大在学時に今宿地域ケアプラザの元職員にピアノを教えていたことをきっかけにスタート。親子サロンで子ども向けに歌うことから始まり、10年前には同ケアプラザでボイストレーニング講座を担当するようになった。指導をするうちに受講者たちは声を出すだけでなく少しずつ歌えるようになり、今では「ラ・ヴィオレッタ」という合唱グループに。さらに活動は広がり、現在は区内3カ所で6団体を指導するまでになった。

 ○…夫と長男、長女の4人家族。アウトドア派で、夏には家族や友人たちとバーベキューや、キャンプに行くのが楽しみの一つだ。「今年は台風でキャンプに行けていない」と残念そうに話すが、秋のキャンプを計画中。「自然の中でいろんな音を感じることが、音楽の表現にもつながる」

 ○…当日は約100人の受講者が出演予定で、自身も指揮と歌で舞台に立つ。「団体ごとに異なる個性やカラーに注目してほしい」と話し、最後まで練習や準備に奔走している。「舞台に立つ人も、観客も皆が楽しめるコンサートにしたい。私も心を込めて力を出し切りたい」。夢の舞台に向けて、全力を注ぐ。

お住み替えはご相談下さい!

3月24日(日)まで「水回りクリーニングキャンペーン」実施中

https://www.rehouse.co.jp/store/futamatagawa/

<PR>

旭区版の人物風土記最新6件

三田 修平さん

移動式本屋を営み「横浜市読書活動推進ネットワークフォーラム@旭区」で講演した

三田 修平さん

2月21日号

土田 直美さん

「中学生と赤ちゃんのふれあい交流会」を始めた南希望が丘中学校の養護教諭

土田 直美さん

2月14日号

白波瀬(しらはせ) 早百合さん

25周年コンサートを開催する旭区音楽家団体「コンセール241」の会長を務める

白波瀬(しらはせ) 早百合さん

2月7日号

熊谷 晃子さん

昨年11月からJICA横浜センターの所長を務める

熊谷 晃子さん

1月31日号

藤田 圭子さん

「ヨコハマやさいレシピコンテスト」で優秀賞を受賞し、地域などで教室を開く

藤田 圭子さん

1月24日号

山岸 弘樹さん

旭区誕生50周年記念事業実行委員会の委員長を務める

山岸 弘樹さん

1月17日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

梅の花茶屋

旭区

梅の花茶屋

24日 こども自然公園

2月24日~2月24日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク