旭区版 掲載号:2018年9月6日号
  • LINE
  • hatena

旭区ひまわりの会で代表を務める 小澤 廣國さん 善部町在住 79歳

使命感で知識を伝える

 ○…認知症サポーター養成講座のボランティア講師らで構成される「旭区ひまわりの会」。キャラバンメイトと呼ばれる講師たちが団体や学校、企業など各地で、認知症に関する知識や患者への対応法などを伝えている。「認知症は24時間365日向き合う必要がある。少しでも多くの方に理解してもらい、誰もが安心して過ごせるようになれば」と思いを明かす。

 ○…東京都出身。銀行員として30年勤務した後、関連企業の高齢者施設で責任者を務めた。キャラバンメイトとの関わりは、退職後に知り合いから声を掛けられたことがきっかけ。「向いていると言われたから、研修を受けてみた」と気軽に始めたが、研修後すぐに同会会長からの勧誘で入会した。当時、同会は設立したばかりで活動の場はほとんどなかったが、「やるからには会として続けないと。そのためには仕事をとらなきゃ」と、自らケアプラザや区役所などに掛け合うなど活動の場を求めて奔走。少しずつ区内での講座が増え、今では他区から参考にしたいと活動報告の依頼もあるほどになった。

 ○…カメラは30年近く続ける趣味。風景写真を中心に「昔は重い機材を背負っていろんな所へ行ったよ」と目を細める。今では旅行に行った際についでに撮る程度というが、3年前からは新たに俳句もたしなむ。美しい風景などを見たら、言葉で残しているという。

 ○…代表を務めて約10年。活動を続ける原動力は「認知症の患者やその家族を支えていく」という使命感だ。昨年度は区内で42件の講座を開き、1688人が受講した。「考えに賛同してくれる人が一人でも増えれば、皆が過ごしやすいまちにつながっていくはず」。認知症でも過ごしやすい地域のため、これからも知識や知恵を伝えていく。

お住み替えはご相談下さい!

3月24日(日)まで「水回りクリーニングキャンペーン」実施中

https://www.rehouse.co.jp/store/futamatagawa/

<PR>

旭区版の人物風土記最新6件

三田 修平さん

移動式本屋を営み「横浜市読書活動推進ネットワークフォーラム@旭区」で講演した

三田 修平さん

2月21日号

土田 直美さん

「中学生と赤ちゃんのふれあい交流会」を始めた南希望が丘中学校の養護教諭

土田 直美さん

2月14日号

白波瀬(しらはせ) 早百合さん

25周年コンサートを開催する旭区音楽家団体「コンセール241」の会長を務める

白波瀬(しらはせ) 早百合さん

2月7日号

熊谷 晃子さん

昨年11月からJICA横浜センターの所長を務める

熊谷 晃子さん

1月31日号

藤田 圭子さん

「ヨコハマやさいレシピコンテスト」で優秀賞を受賞し、地域などで教室を開く

藤田 圭子さん

1月24日号

山岸 弘樹さん

旭区誕生50周年記念事業実行委員会の委員長を務める

山岸 弘樹さん

1月17日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

梅の花茶屋

旭区

梅の花茶屋

24日 こども自然公園

2月24日~2月24日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク