旭区版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

よこはま動物園ズーラシア スマホ活用し魅力発信 KDDIがアプリ開発

社会

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena
動物園で撮影した動画が毎日配信されるアプリ「one zoo」
動物園で撮影した動画が毎日配信されるアプリ「one zoo」

 よこはま動物園ズーラシア(村田浩一園長)で9月20日から、スマートフォンアプリを用いた新サービス「one zoo」が開始された。KDDI(株)が開発したもので、全国的に動物園の来園者数が減少する中、アプリを活用して動物園の魅力を体感してもらい、来園するきっかけにつなげていく狙いだ。

 新サービスの提供開始となった9月20日、同園で報道関係者を対象にした事業発表会が開催。KDDI(株)のライフデザイン事業企画本部・ビジネス統括部長の繁田光平さんが登壇し、プレゼンテーションを行った。

 同社のコンセプトである「通信とライフデザインの融合」をテーマに、動物園と利用者がつながるコンテンツを提供する同サービス。利用者は園外から無料で全国の動物園で撮影・配信された動画を楽しめ、園内ではオリジナルマップやスタンプラリー、音声ガイドの機能を活用できる。アプリのダウンロードは現在、iPhoneなどのiOSのみ可能で、Androidは今後対応予定。

 同社がアプリの開発を検討し始めたのは約3年前。来園者数の減少とそれに伴う閉園数の増加、経営する自治体の財政難、希少動物の規制など、全国各地の動物園が多くの課題を抱えることを繁田さんは知り、「命の尊さを学ぶ場所が危ないと感じた」と話す。

全国3園で利用開始

 同サービスには今回、ズーラシアのほかに旭山動物園(北海道)と天王寺動物園(大阪府)の2園も参画。発表会には3園から園長と獣医師も登壇し、新サービスへの期待を語った。ズーラシアの村田園長は「動物園が持つ底知れない魅力を新サービスで発信できたら。教育など社会貢献につながることも期待したい」と話した。今後、同サービスは他園でも導入される計画。また、有料サービスの提供も準備されている。利用料の一部は全国の公立動物園に寄付され、飼育や繁殖の研究、園の整備などに役立てられるという。

旭区版のトップニュース最新6

白根の地で開館35周年

旭図書館

白根の地で開館35周年 文化

記念の新規事業や催しも

6月17日号

女子トイレに生理用品

二俣川看護福祉高

女子トイレに生理用品 社会

県のモデル校に

6月17日号

全国7人制選手権で優勝

SEISA打鼓音

全国7人制選手権で優勝 文化

結成わずか2カ月の快挙

6月10日号

校名は「上白根北」に

2023年4月から

校名は「上白根北」に 教育

6月10日号

選ばれ続けるまちへ

旭区

選ばれ続けるまちへ 政治

区運営方針を発表

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter