旭区版 掲載号:2018年11月15日号 エリアトップへ

旭美展 美術協会賞に船橋さん 区民から約150点の公募

文化

掲載号:2018年11月15日号

  • LINE
  • hatena
作品と並ぶ船橋さんとモデルとなった2人の娘たち
作品と並ぶ船橋さんとモデルとなった2人の娘たち

 「第27回旭美展」が10月24日から28日まで、旭区民文化センター・サンハートで開かれた。

 同展は旭美術協会(井口由多可会長)が主催し、1992年から始まった区民の公募展。今年は約150点の作品が集まり、26作品が入賞。受賞作品などは期間中にサンハートで展示され、27日に授賞式が行われた。

 旭美術協会賞には船橋愛さんの「桃の時」(油彩・F50)が選ばれた。学生時代から絵を描き、子育てを経て昨年から再び描き始めたという船橋さん。受賞作は2人の娘がモデルとなり、家族で赤レンガ倉庫(中区)へ出掛けた際の一場面を描写した。

 主催者からは横浜の風景と2人のいきいきとした表情描写などが評価され、2回目の出品で旭美術協会賞に輝いた。船橋さんは「子どもたちの表情を描くのがただ楽しかった。受賞を聞いた時は本当にうれしくて感激した」と振り返り、「今後も子どもたちの成長を追って絵を描いていきたい」と語った。

 同協会の井口会長は「今回は若い方の作品が旭美術協会賞をとってくれたのが大きなこと。若い世代からこれからもたくさん出品してもらえたら」と話した。

 そのほかの受賞者は次のとおり(敬称略)。

 ▽旭区長賞/高橋洋一▽サンハート賞/今井唯夫▽奨励賞/赤瀬川善夫、日下部俊之、清水健一、深津彰宏、松田登美男▽佳作賞/菊地まきよ、北村洋子、木間塚克実、久保田紀子、笹井剛、猿橋厚、田中圭子、田中芳雄、仲野晃一郎、牧野文子、三上雅之、山口ことぶき▽新人賞/濱田春恵、廣瀬喜久恵▽会友賞/宮田宣男、山口篤子▽区民賞/増田哲明、杉平陽子

旭区版のローカルニュース最新6

コロナ禍でも訓練を

旭北地区

コロナ禍でも訓練を 社会

11月26日号

ウェブ上で写真展

横浜市

ウェブ上で写真展 文化

姉妹都市の街並み公開

11月26日号

家内安全の願い込めて

家内安全の願い込めて 社会

山田屋でもち米に祈祷

11月26日号

2年生が”芋ほり”遠足

2年生が”芋ほり”遠足 教育

笹野台小学校

11月26日号

オンラインで交流会

オンラインで交流会 社会

「オトナ塾grand」

11月26日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新型コロナを学ぶ

新型コロナを学ぶ

若葉台 12月13日

12月13日~12月13日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク