旭区版 掲載号:2018年11月15日号
  • LINE
  • hatena

横浜市消防団 団員数急増 定員に迫る 積極的な広報が功を奏す

社会

女性団員の旧制服(左)と新制服
女性団員の旧制服(左)と新制服
 横浜市消防団の団員数が今年4月から10月1日までに312人増え8122人となり、定員8305人に迫る勢いであることがわかった。市消防局は、各消防団による地道な勧誘と、イメージアップを図る積極的な広報が影響しているとみている。

 市消防団の団員数は2015年度以降、年約100人〜300人ずつ増えており、増員数は3年連続で全国1位となっている。東日本大震災を契機に施行された「消防団等充実強化法」を受け、同年度に市消防局に消防団課が新設。各消防団の設備充実などを通し、魅力づくりに努めてきた。

 今年度はさらに伸び、半年間で312人増。市の配置人員8305人に迫る勢いだ。同局担当者はこの背景に「団員による地道な募集活動が実っている」と説明する。

 そうした各消防団の活動を支えるのが、同局が注力するイメージアップだ。今年度は市内商業施設等の電子看板で、重点的にPR映像を放映。これに並行し、団各拠点のエアコンやトイレの整備を促進することで、活動しやすくなる状況を作ってきた。また今年7月からは局のウェブサイト上に入団申請ができるページを作成。全国の政令市でもほぼ例のなかった取り組みで4カ月で30人がここから加入している。

地域企業や女性へPR

 各消防団が募集に力を入れるのは、地域の事業所だ。「かつては地縁・血縁をもとに、地元の商店主などが消防団員になる人が多かったが、現在は会社員の割合が全体の約6割を占める」と同局担当者。今年は西日本豪雨や大阪府北部地震など災害が立て続けに発生したこともあり「地域防災への関心の高まりも背景にあるのでは」と話す。

 また女性消防団員が増えたことも大きい。97年の採用開始時は190人だった女性団員はほぼ右肩上がりで、10月1日現在1344人にまで増加。採用開始から20年経ったことなどを機に11月から制服も変更し、さらに魅力向上を図る。「地域の企業人や女性の加入によって、日中都内等へ勤めに出ている団員をカバーすることも期待される。来年1月1日の充足率100%を目指し引き続き募集に努めたい」と話す。

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

シールで高齢者を見守り

横浜市

シールで高齢者を見守り

12月6日号

ダナン市職員らが授業見学

上白根小学校

ダナン市職員らが授業見学

12月6日号

50周年ボッチャで盛り上げ

14年ぶりに改定

都市マス「旭区プラン」

14年ぶりに改定

11月29日号

需要増加に伴い体制拡充

市救急相談センター♯7119

需要増加に伴い体制拡充

11月22日号

大規模訓練で災害備え

コプレ二俣川

大規模訓練で災害備え

11月22日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク